体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

桑田佳祐、WOWOW新CMで “悲哀あふれるサラリーマン”を名演!?

約6年半ぶりのオリジナルアルバム『がらくた』の発売まで2週間を切り、いよいよ新作リリースにむけて機運が高まってきている桑田佳祐周辺。次々と新たな情報も発表されているが、そんな状況下、WOWOWの新CMにアルバム『がらくた』収録の新曲「愛のささくれ~Nobody loves me」の使用にあわせて、桑田本人が出演することが発表となった。
桑田佳祐 WOWOW CM画像 (okmusic UP's)

同CMの一番見どころは、60歳を迎えるしがないサラリーマンを演じる桑田のコミカルかつリアルな演技。60歳で定年するか、役職を解かれても65歳まで働くかの決断を迫られ、“ようやく大学生になった子供が就職するまでは!”となんとかねばって65歳まで働くことにしたものの、疲れもストレスもたまっていくばかり。それでもなんとか日々頑張って働き、久々にお気に入りのあの娘がいるカラオケスナックに行っては、いい気分で飲みすぎ、中途半端に口説くもあっさりいなされ終電で帰宅…。そんなサラリーマンにとっては身につまされる日常を見事に演じており、桑田が終電や通勤電車に乗っているという新鮮な姿が、リアルを超えてむしろコミカルな仕上がりになっている。「あるある!」という声が笑いとともに聞こえてきそうな、共感度も高い映像CMは、WOWOW 桑田佳祐特設サイトで、8月10日8時より公開される。CMにはある秘密が隠されているようなので、ぜひそこにも注目してほしい。

また、CMに使用されている「愛のささくれ~Nobody loves me」は、下心でいっぱいなのに結局お目当ての彼女を口説き落とせず、《終電で帰る?ホントはカラオケルームとホテルを押さえてたのさ》《あんなに無理して呑ませておだてて口説いてたのに》と嘆く情けない男子の性を描いた、男性には大いに共感してもらいながら、女性には「男ってやつは・・・」とあきれながらクスッと笑える楽曲。実は、CMの制作サイドもこの曲にインスパイアを受けて企画を考えたということもあって、CMの内容ともぴったり。TVCMとしてのオンエアは8月13日からスタートする。

■WOWOW 桑田佳祐特設サイト

http://www.wowow.co.jp/music/kuwata
【WOWOW 番組情報】

『桑田佳祐と『がらくた』 ~ソロ30年目の衝動~』

9月23日(土・祝)夜7:00~放送  [WOWOWプライム]

ソロ活動30年を迎える桑田佳祐。8月23日(水)発売のニューアルバム『がらくた』の内容や楽曲紹介を中心に、2017年前半の活動に迫るスペシャル番組の放送が決定。桑田佳祐の〝ソロ30年目の衝動〟を目撃しよう!
アルバム『がらくた』
2017年8月23日発売

【初回生産限定盤A】(CD+Blu-ray+特製ブックレット)

VIZL-1700/¥4,800+税

【初回生産限定盤B】(CD+DVD+特製ブックレット)

VIZL-1701/¥4,500+税

【初回生産限定盤C】(CD+特製ブックレット)

VIZL-1702/¥3,500+税

【通常盤】

VICL-65000/¥3,300+税

【アナログ盤】 

VIJL-61800〜1/¥4,300+税

※完全生産限定

※オリジナル特典「オリジナルB2ジャケットポスター」付

<収録楽曲>

1. 過ぎ去りし日々 (ゴーイング・ダウン)

2. 若い広場(平成29年度前期・NHK連続テレビ小説「ひよっこ」主題歌)

3. 大河の一滴(UCC BLACK無糖TVCMソング)

4. 簪 / かんざし

5. 愛のプレリュード(JTB 2016 TVCMソング)

6. 愛のささくれ~Nobody loves me

7. 君への手紙(映画「金メダル男」主題歌/WOWOW開局25周年CMソング)

8. サイテーのワル

9. 百万本の赤い薔薇(フジテレビ系列 全国26局ネット「ユアタイム~あなたの時間~」テーマソング)

10. ほととぎす [杜鵑草]

11. オアシスと果樹園(JTB 2017 TVCMソング)

12. ヨシ子さん(WOWOW開局25周年CMソング)

13. Yin Yang(イヤン)(2013年 フジテレビ系木曜劇場「最高の離婚」主題歌)

14. あなたの夢を見ています

15. 春まだ遠く

◎初回生産限定盤A(Blu-ray)・初回生産限定盤B(DVD)特典

「がらくた」Bonus Disc

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy