体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

枯れにくい!ズボラさんにぴったりの植物|サンスベリアの育て方

枯れにくい!ズボラさんにぴったりの植物|サンスベリアの育て方

観葉植物・サンスベリア(トラノオ)の育て方を初心者向きに解説します。水やりや肥料についての基本や室内での育て方など、栽培のポイントを押さえて元気に育てましょう! ハニーやスタッキーなどサンスベリアの種類もご紹介します。

目次

サンスベリアの特徴

サンスベリアの育て方で押さえておきたい3つのコツ!

サンスベリアの育て方【基本編】

サンスベリアの育て方【シーン・トラブル編】

サンスベリアの種類

サンスベリアの特徴


別名で「トラノオ」と呼ばれる通り、虎の尾のような縞模様の葉が特徴のサンスベリア。代表的な種類は、写真の「サンスベリア・ローレンティー」。
平たく固い葉を上にすっと伸ばすモダンな佇まいには、ほかの観葉植物にはない独特の魅力があります。
サンスベリアは乾燥に強く、冬は水やりの必要がないほど。毎日忙しい!という初心者さんにぴったりの植物ですね。
斑入り葉は同じ種類でも入り方が異なるので、お気に入りの子を見つける楽しみもあります。
水耕栽培も可能で8~10月頃には花も咲かせるなど、魅力がいっぱいのサンスベリアをぜひ育ててみてください。

 

難易度 初心者向き

耐寒性 やや弱い

耐陰性 あり

耐暑性 あり

乾燥 強い

樹高 〜100cm

 

サンスベリアの育て方

サンスベリアの育て方で押さえておきたい3つのコツ!

コツ1 冬になったら水をやらずに葉水だけ!

コツ2 光を十分に当てて、美しい葉色をキープ

コツ3 株分けや葉挿しで増やしてみよう

 

サンスベリアの育て方【基本編】


水やり
乾燥に強いサンスベリアですが、5月〜9月の生育期はしっかりと水やりをします。
土が中まで乾くと鉢がうんと軽くなるので、ジョウロを使って土全体に水が行き渡るよういろんな方向から水を注ぎます。鉢底から水が流れ出るまでたっぷりとやり、受け皿にたまった水はかならず捨てましょう。
10月頃からは水やりの頻度を控えめにして、11月〜2月までは一切水をやりません。


霧吹きで水をかけたり、湿らせたペーパータオルなどで拭く作業は一年を通して行いましょう。
葉の表面のほこりを取り除くことで光合成を促し、病害虫を予防することにもつながります。

 

土の選び方・肥料
サンスベリアは、水はけのよい土を好みます。初心者なら、鉢底に入れる赤玉土と市販の観葉植物用の土かサンスベリア専用の土を用意するといいでしょう。
肥料は4〜7月と10月に緩効性の固形肥料を与えます。

 

置き場所・日当たり・温度
サンスベリアは日当たりのよい場所を好む植物です。耐陰性があるとはいえ、日照が不足すると葉色が悪くなりがち。室内なら窓際で管理して、夏場はより元気になるので屋外に出してあげるのもおすすめです。
ただし直射日光は葉色を悪くするので午前中の日が当たる半日陰くらいがベター。
冬は10℃以下にならないよう明るい窓辺で管理し、夜間は屋外の冷えた温度が伝わらないよう窓から離れた場所に移動します。

1 2次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。