体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「国内で夏休み派」に。オーシャンビュー5選

「国内で夏休み派」に。オーシャンビュー5選

「夏=海!!」みたいにはしゃいでる人たちを色メガネで見つつも、じつはこっそり自分も海が大好きだったり。

青い空と、エメラルドグリーンの海。最高に決まってる。それだけで「今年の夏も、いい思い出ができたな」なんて思ってしまいます。

もちろん、海外旅行で特別な時間を過ごすのもありですが、国内だって驚くような美しいオーシャンビューを満喫できる場所はたくさんあります。Airbnbのオーシャンビュー5選がこちら。

01.【沖縄県 宮古島】
プライベート感たっぷりの
貸切コテージ

「国内で夏休み派」に。オーシャンビュー5選

なだらかな丘の上に佇むコテージ。窓を開ければ広々とした空と海が視界いっぱいに広がります。コテージから歩いて5分ほどのところに「イムギャーマリンガーデン」という海浜公園があり、シュノーケリングざんまい。宮古島南部の内海は、穏やかで透き通っているのが特徴です。色とりどりの魚も涼やかで、夏の暑さも忘れてしまいそう。

公園には展望台もあり、まるで楽園のような絶景を楽しむことも。

コテージにはアメニティも揃っていて、BBQセットの貸し出しもあり。遠くに見える水平線を眺めて、本州よりも遅い夕暮れを迎えながら家族や仲間とBBQを楽しみたいものです。

宿泊は一泊約20,065円から。「国内で夏休み派」に。オーシャンビュー5選

02.【福井県 高浜町】
畳でゴロゴロ〜したい
昔ながらの古民家

「国内で夏休み派」に。オーシャンビュー5選

漁業が盛んな港町、福井県高浜町。海を臨む崖の上には50世帯ほどの古民家があり、宿泊宿として利用することができます。

まるで、夏休みにおじいちゃんの家に帰ってきたかのような安心感。昭和のインテリアに囲まれた畳張りの部屋からは、美しい海を眺めることができます。お願いすれば、好きな着物を着せてもらえたり、釣りに連れて行ってもらえたりもするのだとか!

ゆったりとした時間が流れる海辺の町で過ごす時間は、忘れてしまった子供の頃の大切な感情を思い出させてくれるかも。

宿泊は一泊約12,130円から。「国内で夏休み派」に。オーシャンビュー5選

03.【愛媛県 松山市】
キッチンから眺める
夕日が美しい

「国内で夏休み派」に。オーシャンビュー5選

青い空に映える、3階建ての白い建物。海に面する壁は一面窓になっていて、リビングはもちろん、キッチンや寝室など家のどこからでもオーシャンビュー。晴れている日は瀬戸内の穏やかな海に沈む美しい夕日を眺めることもできます。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy