体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ONE PIECE』ルフィに学ぶ 「協調性のない同僚」への対処法

エンタメ
『ONE PIECE』ルフィに学ぶ 「協調性のない同僚」への対処法

7月22日に連載開始20周年を迎え、ハリウッドでの実写映画化も発表されたばかりの超人気マンガ『ONE PIECE』。国内のコミックス販売部数はなんと約3億5000万部。日本のマンガ史に残る作品となっている。

そんな『ONE PIECE』の大きな魅力は、大人でも楽しめる豊かで巨大な作品世界と、膨大な数の登場人物だ。

特に、ルフィをはじめとする個性的すぎるキャラクターたちは、この作品と共に育ち大人になった私たちに、今度はビジネスシーンでも役立つ知恵を授けてくれる。

■『ONE PIECE』の人間模様はビジネスに役立つ

「『ONE PIECE』に学ぶ最強ビジネスチームの作り方」(山内康裕、いわもとたかこ著、週間少年ジャンプ編集部監修、集英社刊)は、漫画『ONE PIECE』の名シーンから、多様な人が集まる会社での対人術やチームマネジメントのコツを導き出していく。

こうした『ONE PIECE』を題材にしたビジネス書は数多あるが、本書は監修として週刊少年ジャンプ編集部が参加している、いわば「公式本」である。

その大きな特徴は、この作品の個性あふれるキャラクターたちを「ヤンキー」と「オタク」という二種類に分類していることだ。

乱暴なイメージのある「ヤンキー」だが、仲間と認めた人間にはとことん優しかったり、行動力に長けていたり、一度決めたことをやり抜く根気があったりと、いい面もある。『ONE PIECE』のキャラクターでいえば、ほかでもない主人公のモンキー・D・ルフィがこのタイプだ。

一方「オタク」の特性は、多様性を重んじる、感情よりも理屈で動く、集団行動よりも自分の関心を優先させる、など。島に着くと、すぐに自分が関心を持つ歴史を調べようとするニコ・ロビンや、自分の目的のためにルフィに同盟を持ちかけた、トラファルガー・ローなどがこのタイプ。わき目もふらずに剣術に励むロロノア・ゾロなども、典型的な「オタク」だ。

ここで紹介する「ヤンキー」も「オタク」も、あくまで一般的なイメージにすぎない。しかし、職場内の一体感を大事にするタイプの社員が、個の論理を優先するタイプの人間を「協調性のない人間」と見なしたり、理屈で納得してから動くタイプの社員が、考えるよりもがむしゃらに行動するタイプの人間を苦手に思ったりということは珍しくない。「ヤンキー」と「オタク」の溝は、どんな職場でも生まれうるのだ。

■職場の「オタク」とどう接するか

しかし、この溝を乗り越え、協力関係を築いていかなければ、組織もチームもうまくいかない。

『ONE PIECE』第41巻に、ニコ・ロビンが、ルフィら「麦わらの一味」に加わる決心をするシーンがある。それまで、ルフィらと共にいることを居心地よく感じながらも、過去の境遇から「無条件に必要とされる仲間」を信じられなかったロビンは、一度はルフィの船を去る決心をする。

つまり、自分の中の理屈に捉われて、本当に進みたい方向(「麦わらの一味」に加わりたい)に進めないということ。これは「オタク」タイプが陥りやすいパターンだという。

この時、ルフィは熱い言葉で状況を一変させる。ロビンの本音を察したうえで、「お前は何がしたいんだ」とロビンに選択を突き付けたことによって、ロビンの本音を引き出したのだ。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会