ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

フォーブス誌が選ぶ世界で最も稼ぐDJランキング、カルヴィン・ハリスが5年連続No.1

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
フォーブス誌が選ぶ世界で最も稼ぐDJランキング、カルヴィン・ハリスが5年連続No.1

 経済誌フォーブスが世界で最も稼ぐDJのランキングを発表し、33歳のスコットランド出身DJカルヴィン・ハリスが再びトップに輝いた。5年連続の快挙だ。

 ハリスが2017年6月にリリースしたニュー・アルバム『ファンク・ウェーヴ・バウンシズ Vol.1』は、収録曲の多くで複数のゲスト・アーティストをフィーチャーし、ヒップホップ界ではよく見られる“posse cut”(ポッセ・カット、集団MCで作る曲)スタイルをポップ・ミュージックの有名アーティストで実現した“pop posse”(ポップ・ポッセ)の黄金時代を呼び込んだとも言える意欲作だ。アルバム収録曲「スライドfeat.フランク・オーシャン&ミーゴズ」がステレオガムの有名な“ソング・オブ・ザ・サマー”アンケートで堂々1位に選ばれるなど、勢いが止まらない彼だが、2016年6月から2017年6月までの収入が4,850万ドル(約53億円)だったとロイター通信が伝えている。

 2位は同じく5年連続でオランダ出身DJティエストがランクイン。収入は3,900万ドル(約42.8億円)と、1位との差が大きい。特筆すべきは毎年3位だったデヴィッド・ゲッタがザ・チェインスモーカーズに抜かれたことだろう。去年大ブレイクを果たした二人組の収入は3,800万ドル(約41.7億円)だった。

関連記事リンク(外部サイト)

【米ビルボード・アルバムチャート】DJキャレドが2週目の首位、カルヴィン・ハリスは初登場2位
カルヴィン・ハリス、5thALで前4作とは違う新境地へ(Album Review)
カルヴィン・ハリス、最新ALのトラックリストが明らかに ケイティ&ファレル参加曲のMVも公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。