ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

毎日でも丸洗いできる枕で、汚れやにおいに気付かぬフリから解放!『水ぎれ抜群! 清潔快適洗えるまくら』

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

人が寝ている間に汗をかくことは知っている。すなわち枕が汚れていることも知っている。けれども毎日は洗えないし…と見て見ぬフリをしてきた人に朗報!水ぎれ抜群! 清潔快適洗えるまくらは、乾きやすさに特化した清潔枕。しかも寝心地にも配慮しているというから、使ってみるしかない。

ニーズに応えて誕生した清潔枕!自分好みに高さも調整OK

フェリシモ水ぎれ抜群! 清潔快適洗えるまくら』(縦約40cm×横約50cm・税込3,218円)は、ズバリ毎日でも洗える枕。

同社の調査によると「枕カバーを週に一度は洗う人」が6割以上いることが判明。さらに「枕を丸洗いしたいと思ったことのある人」は驚異の9割超えとなり、洗える枕の需要の高さが証明された。

 

そんな中登場したのが、丸洗い可、乾きやすい、通気性良しの3拍子揃った『水ぎれ抜群! 清潔快適洗えるまくら』だ。世の中に、洗える枕というものは多数存在するが、中身が綿などで出来ているものは乾きにくく、洗うタイミングが難しかった。そこで乾きやすさにこだわることで、気負わず洗濯できるようにしたというわけだ。

 

枕の中身はカットパイプ。そう、ストローを切ったようなアレである。2種類の硬さのカットパイプが部位に合わせて入っている。外側は通気性がよく乾きやすいメッシュ生地になっている。

最大の特徴はなんといってもこの不思議な形。中央のくぼみ部分は、裏側にポケットがあり、調節バッグ(縦約16cm×横約19cm)を1個もしくは2個セットすることで、自分の後頭部にフィットする高さに調整できるのだ。

調節バッグも枕とおなじカットパイプ&メッシュ素材でできている。

首にあたる部分も、平らにしたり、パイプを集めて高さを出したりと自由に調節可能。たしかにこの調整方法は綿素材では難しく、パイプ素材ならではかも。

さっそく自分なりに枕を調節。普段から低めの枕が好きな記者は、調節バックを1つ挿入。そして枕を裏返し、首元も少し抑えて平らにしてみる。考えてみれば、1日のうち4分の1程度の時間をこの枕の上で過ごすのだ。今まで、そんな枕を無下にしてきたことを後悔しつつ、正座で枕を整えた。

さっそくゴロンと寝転んでみると、いきなりのジャストフィット! 柔らかすぎず、しっかりと頭をサポートしてくれる感じも気持ちいい。

 

ちなみに夫は調整バッグ2個、首元は最大限に高くして丁度いいとのこと。こんな風に、気軽に自分専用のオリジナル枕に仕上げることができるのだ。

そして実際に寝てみてわかるのが、通気性のよさ。夏場、首元から頭が蒸れてしまうという人にもぴったりで、メッシュ生地のためホコリが出にくいのも嬉しい。

洗濯機でそのまま洗えちゃう!早すぎる乾燥速度に感動

さて、使用感を確かめたところで今度はお洗濯。注意点は2つ。他の洗濯物と一緒にせず『水ぎれ抜群! 清潔快適洗えるまくら』のみで洗うこと。そして、洗濯ネットを使うことだ。

洗濯ネットに入れて、全自動コースで洗濯機を回してみる。いつも通りに脱水まで済ませて取り出すと、「あれ?本当に洗濯した?」と思えるほど、干す前から半乾き状態。これは早く乾きそう!

カンカン照りの天日干しで乾くのは当然だが、『水ぎれ抜群! 清潔快適洗えるまくら』は平置きの陰干しを推奨。乾きやすさの実力を調べるため、今回は外にも出さず、あえて部屋干しで検証してみる。

 

すると、1時間もしないうちからみるみる乾き始め、2時間もしたらすっかり乾いてしまった。これなら、日々の家事の中でそれほど負担にならず、確かに毎日でも洗うことができそうだ。

「毎日キレイな枕で眠りたい」と望んでいた人にとって夢のような枕。『水ぎれ抜群! 清潔快適洗えるまくら』は、1個3,218円。汗をかきやすいお父さんの枕としてもオススメだ。。フェリシモの雑貨ブランドkrasoにて発売中。

 

公式サイトはこちら

関連記事リンク(外部サイト)

フェリシモ猫部『ミニ和風ニャシュマロ(猫ほうずい)の会』新登場!あまりのかわいさに気絶⁈
横向き寝専用まくら『YOKONE』(よこね)新登場! いびき・腰痛・無呼吸症候群の対策におすすめ!
『シートベルトまくら』長距離ドライブ時に子供が座ったままスヤスヤ安眠可能なママ大喜びのアイデア枕!
カンタンに干し場が増やせる『ランドリーハンガー』は、枕やぬいぐるみも干せるアイデアグッズ!
質の高い睡眠をもたらす『Dr’sラフマ葉GABA』が新発売! 医師・薬剤師が監修の休息サプリ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。