体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マツコも嫌いなチョコミントが紅茶に! 『キリン 午後の紅茶 チョコミントミルクティー』は一体どんな味?

マツコ・デラックスが”チョコミント嫌い”を表明しているが、確かに世間的にも好きな人と嫌いな人がくっきり分かれるアイス製品でおなじみのチョコミント味。『キリン 午後の紅茶 チョコミントミルクティー』はそれをミルクティーに合わせてしまった。

手放しで美味しいとは決していえないチョコミント好きの度合いを測る踏み絵のような味わい!

 

1970年代半ばに日本に上陸したアイスクリーム・チェーン「サーティワンアイスクリーム(バスキン・ロビンス)」が持ち込んだのがチョコミントフレーバーのアイスクリーム。もちろん最初から大歓迎で迎えられたわけではない。

当時のミントといえば、まだまだ珍しいもので、一般庶民が触れる機会は歯磨き粉が大半。お菓子としてミントは普通に使われていたものの、チョコレートと合わせるという発想はなく、大いに賛否両論を巻き起こした。昨日放送されたTBS系『マツコの知らない世界』でもチョコミント反対派のマツコ・デラックスが”まずいよー”を連発して話題になったばかり。

 

 

嫌いな人の根拠は、”歯磨き粉の味がする”というもの。しかしそれを言うならミント/ハッカを含む全菓子が成立しなくなる。非難されるべきポイントは、やはりチョコレートとミント味の組み合わせにならないとおかしいだろう。

ただチョコミント菓子に関しては、味にかなりの幅があるのも事実。記者もサーティワンのチョコミントでは魅力を感じなかったものの、ハーゲンダッツのチョコミントで目覚め、サーティワンのチョコミントも美味しく感じるようになったクチ。実際に他のアイスクリームでチョコミントで失敗した経験はかなり多いので、チョコミント全般が美味しいとは未だに口が裂けても言えない。

そんな中投入されたのが、キリンビバレッジ『キリン 午後の紅茶 チョコミントミルクティー』(320ml・希望小売価格 税抜140円・2017年8月1日発売)。アイスの世界を飛び出して、ミルクティーの中に飛び込んだチョコミント。一体どんなことになってしまうのだろうか。

午後ティーのミルクティーといえば、ブランドを代表する美味しさを誇るもの。アイスのチョコミントとはミルクという共通点はあるものの、それは果たして仲良く手を繋げるものなのか。

スリムなボトルのキャップをひねると、ミントよりもチョコレートの香りがツンと来る。勇気を出して一口。チョコレートがミルクティーをチョコ菓子方向に引っ張る。そこをミント味がさらに反対方向へ引っ張る。結果、ウバ茶葉を70%使用したせっかくのミルクティーの味が薄く感じてしまう。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。