体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「想定外」という言葉に逃げるのは“プロ失格”だ――勝率9割の“プロギャンブラー”のぶき氏がこの仕事を選んだワケ

大学卒業後、ギャンブラーとして15年間、世界をさすらいながら生きてきた男がいる。

勝率は神の領域と言われる9割。出入り禁止となったカジノは数知れず。そんな破天荒な人生を生きる男の名はプロギャンブラー・のぶき。ギャンブルで勝ち続けるために必要な思考力、決断力、行動力はそのまま仕事や人生で成功するために必要不可欠な要素だ。事実、のぶきさんの元には様々な企業や学校、団体から就職や転職、ビジネスをテーマとした講演依頼が殺到している。今回は自らの人生を振り返りつつ、そこから得た、仕事や人生で勝ち抜くためのメソッドや人生の岐路に立った時の後悔しないための選択法などをたっぷり語っていただいた。f:id:k_kushida:20170801200028j:plain

のぶき(本名:新井 乃武喜)

1971年、東京都出身。大学卒業後、25歳の時にプロギャンブラーを目指して単身アメリカへ渡り、修行を開始。2年後、無敵のプロギャンブラーとなりラスベガスをはじめとする世界中のカジノを周遊。ギャンブルの世界では神の領域とされる「勝率9割」を達成。ギャンブルだけで生活し続け、15年間で世界6周、今まで訪れた国は82ヵ国におよぶ。現在の主な活動はプロギャンブラー人生で得た経験や生き様を伝える講演や、『日刊SPA!』や『Lifehacker』での記事執筆、メディア出演など。著書に『勝率9割の選択』(総合法令出版)、『ギャンブルだけで世界6周』(幻冬舎)がある。 Facebook ブログ

前回は、のぶきさんにはこれまでのギャンブル人生から得た、一般的なビジネスパーソンでも今日からでも人生や仕事に活かせそうな助言をたくさんいただきました。今回は仕事選びで大切なことや目標達成の極意、壁の乗り越え方など、仕事や人生で勝つための具体的なメソッドをさらに語っていただきます。

後悔しない仕事の選び方

──ここからはのぶきさんが15年のプロギャンブラー経験を通じて得たことで、一般的なビジネスマンが仕事や人生で成功するために役立つことを教えてください。のぶきさんにとって仕事とはどういうものですか?

仕事ってお金のためじゃなくて、幸せに生きるためにするものだと考えています。自分のためじゃなくて、もっと世の中のためになることをやりたい。もう自分のための楽しいことは全部やりきったので。

──仕事選びという観点で大切にしてきたことは?

僕は大学時代、就職活動がスタートするずっと前から就職についてめちゃくちゃ考えてました。仕事って人生の6割の時間を使います。仕事の時間がハッピーなら人生の6割がハッピーになるし、つらく苦しい時間なら人生はハッピーから遠のきます。だから自分にとってそれをするのが楽しいと思えること、本当に有意義だと思えること、本気で自分のすべてを懸けられること、休みたくないことを仕事にしたいと思いました。

職業としてプロギャンブラーを目指すと決意した時も(※詳しくは第1回参照)、それが本当に正しいのか否か、みんなからいろんな反対意見を言われた時に全部覆せるくらいのセオリーを構築できるまで考え抜きました。だからこそ修行時代、発狂寸前になっても頑張れたし、実際にプロギャンブラーになった後、15年間も続けられたんです。また、大学生向けの就活がテーマのトークイベントにもよく出演依頼が来るのですが、その場でも自信をもって仕事について語れるんです。

大学を卒業したら必ず社会に出て仕事をしなきゃいけないのはわかりきってるわけだから、自分はどんな仕事がしたいのか、どんな働き方がベストなのかを考えるべきです。つまり大学4年間は社会に出てからの人生をプランニングする時期。多くの就活生はそこまで考えておらず、就活時期になるととりあえず就活しなきゃと思って他の人がしてることを何となくしてしまう。就活時期になってから就職のことについて考え始めても遅いんです。だから就職してこんなはずじゃなかったと思ってすぐ辞めてしまう。かなり前から新卒で就職後、3年で辞める人が3割もいることが問題視されていますが、その大きな理由はここにあると思います。ちゃんと自分の人生をプランニングできてないから。

1 2 3 4次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。