ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

これで失敗しない!習い事・スクール選びのしくじり回避術 ~語学、ビジネス資格編~

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:keimanahensyu:20170803204915j:plain

やりたい習い事や目指す目標が見つかって、いざスクールへ!

でも、安易に決めてしまって「こんなはずじゃなかった!」と後悔しないためには、いくつかのポイントがあるんです!学ぶ習い事のジャンルごとに、適切なポイントを押さえておけば心配ご無用。

今回は、語学、ビジネス資格についてのしくじり回避のポイントを伝授!

しっかりチェックして、素敵なスクールライフを手に入れよう!

【語学編】しくじり回避のチェックポイント

海外旅行での会話、外国人と交流、訪日外国人の接客、資格取得、ビジネスで使用など、まずは「外国語を習得してどうなりたいか」の目的を明確に

受講スタイル ~プライベートかグループレッスンか~

プライベート

講師とマンツーマンで会話するため、たくさん話せること、自分が興味のある話題やレベルに沿って進められるのがメリット。生徒2~3人で受ける「セミプライベートレッスン」もある。短期間でマスターしたい人、人の目が気になって話すのが恥ずかしい人にオススメ。

グループ

講師1人に対し、生徒5人~10人など複数でレッスン。1人あたりが話せる量は限られるけれど、会話が盛り上がること、他の人の言い回しも参考にできるというメリットがある。「仲間とのコミュニケーションが楽しい!」という人は通い続けるモチベーションもキープ。

講師 ~ネイティブ講師か日本人講師か~

ネイティブ

ヒアリングとスピーキングのレッスンが中心。ネイティブに近い発音やイントネーションを身につけたい人に向く。海外で日常的によく使われるフレーズが学べるほか、講師の出身国の文化や情報も得られる。

日本人

正しい文法などを基礎から学びたい人に適している。わからない点を日本語で質問できる点も安心。日本人が間違いやすいポイントを把握しているため、弱点をカバーして、効率的な学習に導いてくれる。

※スクールによっては、ネイティブ講師と日本人講師がペアになって、あるいは交代でレッスンを受け持つ「ダブルティーチング」もあり。

レッスン方法 ~テキスト中心か会話重視か~

テキストで文法や単語の基礎を学ぶレッスンもあれば、会話中心のレッスンも。海外の映画やドラマを教材にするなど、楽しみながらマスターする方法を工夫しているスクールもある。場所はスクールや、講師宅・自宅、またカフェなどでのレッスンもがOKなところも。

ここにも注目! ~交流ができるスペースやイベントはある?~

たくさんの人との出会いやコミュニケーションを楽しみたい人は、レッスン以外でも講師と会話できるフリースペースがあるか、パーティーやイベントを開催しているかに注目を。「英語でワインテイスティング」「東京の観光地ツアー」などを行うスクールも。

【ビジネス資格編】しくじり回避のチェックポイント

簿記、税理士、社会保険労務士、行政書士、宅地建物取引士など。目標期間内に合格を目指せるような受講システム、サポート体制に注目したい

受講スタイル ~通学かオンライン受講か~

通学

スクールに通って授業を受ける。不明点があれば講義中や講義後に質問できる。講義日程が決まっているため、学習ペースもつかみやすい。仲間から刺激を受けることでモチベーションが上がる人にオススメ。講座の動画をWebで配信。自分の都合のいい時間・

オンライン

場所でダウンロードして視聴できる。メールなどで質問することもできる。自分でスケジュール管理ができる人であれば、時間を自由に使えるのがメリット。

講師 ~専任講師か非常勤講師か~

専任

「教える」ことを専門とする講師。資格試験の出題傾向や対策にくわしく、合格するための効率的な学習法を学ぶことができる。

非常勤

外部から招いている講師。その仕事の「現役プロ」として活動している人が多い。実務に即した知識、実際の事例などを聞くことができる。

※スクールによっては、各科目の講義を担当する講師とは別に「担任講師」を設けているところも。スクールに常駐し、学習方法など相談したいときに相談できる。

ここにも注目! ~合格へのサポート体制があるか~

資格試験での合格が目的となることが多いため、そのサポートが充実しているかどうかをチェック。たとえば、本番試験と同じスタイルで試験を受けてみる「模擬試験」や「答練」、重要ポイントを本番直前におさらいする「直前対策」、試験に合格できなかった場合、合格できるまで無料で再受講できたり、受講料が割引になる「合格保証制度」など。ただし、合格保証制度は授業への出席率が利用条件となったり、受講回数が限られているケースもあるため、事前に確認しておきたい。

いかがだったであろうか?語学、ビジネス資格について、どんな点に気を付けてスクールを選べばよいか、おわかりいただけたのではないでしょうか。

というわけで、次回もジャンルごとのしくじり回避ポイントを紹介していくよ。お楽しみに!

構成/ケイマナニュース!編集部 取材・文/青木典子 イラスト/平戸三平

※この記事は2016年4月時点での情報を基に作成しています。

関連記事リンク(外部サイト)

これで失敗しない!習い事・スクール選びのしくじり回避術
キャリアカウンセラーがそっと教える~失敗しない転職4ステップ #ステップ4
キャリアカウンセラーがそっと教える~失敗しない転職4ステップ #ステップ3

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。