ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ZIGGY、メジャーデビュー30周年を記念し 全シングルを網羅した3枚組CDの発売が決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

1987年にメジャーデビューし、今年30周年となるZIGGYの全シングルを網羅した3枚組CDが8月9日に発売される。 1988年~1995年の徳間ジャパンコミュニケーションズ時代の7インチシングル7枚(14曲)、1996年~1997年のマーキュリー・ミュージックエンタテインメント時代の7インチシングル4枚(8曲)、1999年のソニー・ミュージックエンタテインメント時代の7インチシングル2枚(4曲) 、2000年~2003年のトライエム時代の「SNAKE HIP SHAKES」名義のマキシシングル3枚(9曲)、「ZIGGY」名義のマキシシングル4枚(6曲)の全41曲を収録。レーベルの垣根を越え3枚組として発売される。
ZIGGY (okmusic UP's)

ZIGGYにとって、表題曲だけでなくカップリング曲も網羅したアルバムは自身初となるが、今回がアルバムに初収録となるカップリンク曲がある等ファン垂涎の貴重な作品になっている。ブックレットには森重樹一の各曲についてのコメントも掲載されているとのことなのでこちらも楽しみにしていてほしい。

そして、30周年を記念して応募者全員プレゼントの企画も決定! 商品に内封されている応募ハガキを出すと、デビュー当時の会報誌『the MOTH創刊号』(A4サイズ4ページ)と『極楽図鑑スペシャルコレクション』(A4サイズ/8面×2)の復刻版を全員にプレゼントしてくれる。ただし、応募ハガキは「初回プレス分」にのみに封入ということなので早めに手に入れることをおススメする。

ZIGGYはニューアルバムが10月25日に発売され、秋には全国ツアーもスタートする。ますますパワフルに活動し刺激的な音で、ロックリスナーを魅了するZIGGYのライヴにぜひ足を運んでほしい。
アルバム『ZIGGY SINGLE COLLECTION』
2017年8月9日発売

TKCA-74544/¥3,500+税

<収録曲>

■DISC.1 

1988年~1995年

1.SING MY SONG

2.MIDNIGHT TRIPPER

3.ONE NIGHT STAND

4.SHOUT IT OUT LOUD

5.GLORIA

6.FEELIN’SATISFIED

7.I’M GETTIN’BLUE

8.BOOGIE WOOGIE TRAIN

9.午前0時の MERRY-GO-ROUND

10.LET’S DO IT WITH THE MUSIC

11.STAY GOLD

12.真夜中の太陽

13.Jealousy~ジェラシー~

14.春色の残像

■DISC.2

1996年~1999年

1.君をのせて

2.月が昇る頃には

3.STEP BY STEP

4.HAPPY END

5.Silent Eveを待ちながら

6.無力な Violence

7.Guilty Vanity

8.Teenage Dream に祝福あれ

9.マケイヌ

10.ZIG ZAG WALK BOOGIE

11.Without…

12.この空の下のどこかに

■DISC.3

2000年~2003年

1.永遠のJustice ~この道の果てに~

2.RAT RACER

3.Fallen Angels

4.RIVER OF TEARS

5.HAPPY GO LUCKY

6.星屑になっちまう前に

7.RAIN

8.So long !

9.SLIDE

10.HEAVEN AND HELL

11.誓い ~放浪者の丘の静けき夜~

12.You don’t have to worry

13.7th direction

14.My Love

15.7DAYS’ HANGOVER

※DISC.3 M1~M9 /SNAKE HIP SHAKES

◎CD封入特典

デビュー当時の会報誌『復刻「the MOTH」創刊号』(A4サイズ4ページ)、『復刻「極楽図鑑」スペシャルコレクション』(A4サイズ/8面×2)を応募者全員にプレゼント。応募ハガキは「初回プレス分」にのみに封入(【応募締切】平成29年9月末消印有効)

 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)
カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。