ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

もはや本末転倒…江戸時代、出産後の女性は○○禁止?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

もはや本末転倒…江戸時代、出産後の女性は○○禁止?
J-WAVEで放送中の番組「BOOK BAR」(ナビゲーター:大倉眞一郎・杏)。毎週ナビゲーターの2人が「今読むべき本」としてオススメの本を持ち寄るこの番組。8月5日(土)のオンエアでは、杏が「江戸の躾と子育て」(祥伝社)を紹介しました。

2児の母であり、もうすぐ第3子の出産を控え、やはり子育てに関する本がすごく気になるという杏。この本は出産・育児・躾、というように子育てを段階別に紹介している本なのですが、その内容のひとつに、とても驚かされたと言います。

それは江戸時代に多かった風習なのだそうですが、産婦は出産の時に頭に血が上ってしまうので、出産後は横にならずに、常に頭を起こしておくことが当たり前だったそう。

「そこまではなんとなく道理として想像できるんですが、中には専用の産後の椅子を用意する家もあると。その椅子に産後すぐに正座させると。一週間、正座させ続けるんです」(杏)

「横になると体に悪い」ということで、横に誰かがついていて、寝させず・横にもさせなかったそうです。また、「そのダメージが元で命を落としてしまう人も少なくなかった」と衝撃的な内容を紹介しました…。これには大倉も「すごい話だね」とびっくり。その風習が今はないことに胸をなでおろす杏でした。

一方、今の時代に取り入れたくなるシステムも。そのひとつが「寺子屋」です。お寺の住職などが近所の子どもに読み書きを教える施設で、学年がなく、好きな時に入学し、様々な年齢の子供がひとつの部屋に集まるというスタイルでした。

寺子屋では、今の学校のように先生がみんなに一度に教えるのではなく、一人一人に合わせた教え方をしていたのだとか。当時の教科書は“手紙のやり取り”だったそうで、そこから言葉遣いや、季節の言葉などを学んでいたとのこと。教科書はなんと何千種類もあったそうです。現代では手紙の書き方は少し教える程度ですが、当時はそれが勉強の中心だったのですね。

同書には、当時の寺子屋の様子を描いた風刺画も載せられているのですが、イタズラをした子への罰を風刺した絵があるそうで…

「ろうそくと、水の入ったお皿を持たされて、正座させられているとか。“とにかく動けないの刑”みたいな(笑)。基本的な罰はそれだったみたいです」と杏。当時は子どもが叱られると、親は先生に、「うちの子どもを叱ってくれてありがとうございました」とお礼を言っていたそうです。

時代が変われば出産も子育ても違うもの。もちろん研究が進んで良くなったこともたくさんありますが、中には昔の方が良かったと思えるものもあるかもしれませんね。現代と比較しながら楽しめそうな一冊です。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「BOOK BAR」
放送日時:毎週土曜 22時−22時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/bookbar/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。