体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【世界初】iPS細胞から血小板を人工的に量産 安全性と課題は?

【世界初】iPS細胞から血小板を人工的に量産 安全性と課題は?
2017年8月7日、iPS細胞を使った輸血用の血小板の開発をしている京都の大学発ベンチャーが、日本とアメリカで臨床試験を開始するとし、2020年をめどに医療現場で利用できることを目指すと発表しました。(参照)

 

iPS細胞から血小板を量産する技術を確立したのは世界初になるということです。

 

今回は、iPS細胞と血小板の最新研究や、iPS細胞の作製方法・安全性・課題・今後の展望などを医師に解説していただきました。

 

 

 

iPS細胞の最新研究

iPS細胞から血小板が量産できる!?

医師

 

2012年に日本人医師の山中伸弥氏がノーベル賞を受賞したことで有名になったiPS細胞ですが、各医療分野で実際の患者さんへの応用への試みが行われています。

 

今回は血液の細胞の一つである「血小板」を大量に安定して作製する技術が完成に近づいているという発表がなされました。

 

従来の血小板の精製法と保存法

現在、血小板は人工的に作り出すことができず、全て献血された血液から精製されています。血小板は凍らせて保存することができず、採血してから4日間しか使用できず、余りは破棄されています。

 

血小板輸血の課題・問題点

赤血球にはA・B・O・ABの血液型があり、自分と同じ血液型の血液しか輸血できませんが、血小板にはそういった血液型はありませんので、基本的には誰からの血小板でも輸血できます。

 

しかし、繰り返し血小板輸血を受けている患者さんは、他人の血小板への拒絶反応が起こるようになってしまい、相性の合う特定の人からの血小板しか受け付けられなくなる場合もあります。

 

そのような場合、その患者さんが血小板輸血を必要とするたびに、相性の合う献血提供者に事情を説明し、善意での献血提供をお願いするということが行われています。

 

今後の展望

拒絶反応の起こらない血小板が人工的に作り出され、安定して供給される体制が整えば、多くの患者さんが救われることになります。

 

ニュースでは2018年に臨床試験を開始し、2020年の承認を目指すとのことです。

 

 

血小板の役割

血小板

 

血小板は血液の中を流れており、血管が破れて出血している傷口を見つけると、そこに集まり傷口をふさぐ役割をしています。

 

人間の体は、特に刃物で傷つけたなどでなくても、わずかな外力で常に血管が破れ、傷ついていますが、我々が意識しないうちに血小板が働いて治してくれているのです。

 

血小板が働かなければ、打ち身をした覚えもないのに皮膚の下に出血したり、食事しただけで歯茎から出血したり、脳や胃腸から出血したりといったことが起こります。

 

 

血小板がうまく働かなくなる病気

血小板

 

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy