ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

たぶん、絶対に知っておくべき「ふんどしの脱ぎ方」6選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
たぶん、絶対に知っておくべき「ふんどしの脱ぎ方」6選

20代の頃に3ヶ月だけオーストラリア人と付き合ったことがあるんだけど、「ふんどしふんどし」うるさかったことをよく覚えてる。

たしか、お祭りのドキュメンタリー番組で太鼓を叩く人を見て感動した、とか言ってたかな。もう10年くらい連絡はとってないけど…。もし今でも彼と付き合ってたら、この動画をすぐに見せたと思う。

たぶん、彼は感動、私は爆笑って感じで。

6パターンの脱ぎ方が紹介されてるから、この名前だけで想像してもらってもいいし、実際に動画を見てもらってもいいし、正直わたし的にはどっちでもいい(笑)。

1:紳士の営み
2:居合切り
3:さよならも言わずに
4:昇竜拳
5:私のケータイ見なかった?
6:ジャケットチェンジ

動画を作っているのは「ふんどし部」という人たちで、その活動は至って本気。あの落合陽一が「面白い」って言ったらしいから、魔法使いのお眼鏡に叶うくらいの勢いはあるんだと思う。

「世界平和は、ふんどしから」

たぶん、絶対に知っておくべき「ふんどしの脱ぎ方」6選

写真を見るとなんか笑っちゃうけど、彼らの言わんとしてることは分からなくもない。いろいろな国の人たちがお互いに笑顔になれるなら、意外と素敵なことなのかもしれない。

外国人の友だちにこの動画だけ送りつけるのも酷だから、プレゼント買うなら、ここで。

さらに最近、オリジナルのネーム入りふんどしが作れるサービスも始まったみたいなので、大切な人へのサプライズや罰ゲームにどうぞ。Licensed material used with permission by 株式会社ふんどし部

関連記事リンク(外部サイト)

外国人が見た「日本の好きなところ10選」が面白い
【実験動画】見ず知らずの外国人がいきなり「プロポーズ」。その時、女性の反応は?
外国人旅行者が驚いた、日本の日常「24選」。コレって当たり前?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。