体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BUCK-TICK、30周年記念ベストの全収録曲順発表 &ニコ生リクエストランキング特番放送決定

BUCK-TICKが9月20日にリリースする30周年記念ベストアルバム『CATALOGUE 1987-2016』の全収録曲順を発表! 1987年のデビューから現在までのシングル、アルバム収録曲を対象に行ったファン投票結果をもとに、シングル収録曲トップ10とアルバム収録曲トップ10にメンバー選曲による10曲が加わり、レーベル4社の枠を超えた全30曲を収録。初回限定盤には貴重なライブ音源や映像を含むのべ70曲が収録され、ファンとともに歩んだBUCK-TICKの30年間が詰まったキャリア最大規模のオールタイムベストとなる。
BUCK-TICK (okmusic UP's)

さらに、ベストアルバム収録曲決定のために行われたファンによるリクエスト最終結果発表を受けて、再びニコ生特番が決定した。番組はナビゲーターを茂木淳一が担当し、 オフィシャルHPで発表された「シングル TOP10」「アルバム TOP10」をMVやライヴ映像で紹介しながらカウントダウン形式でオンエア。また、番組ではBUCK-TICKのメンバーに回答してもらった番組独占アンケートも用意。各楽曲の秘話や思い入れ、エピソードも紹介。さらに、BUCK-TICKと縁の深い音楽ライターにも登場してもらい、BUCK-TICKとの出会いやエピソードなどについて語る座談会企画も予定している。そして、初回限定盤A・Bのみに付属するDisc-3&4「LIVE AUDIO SELECTION」の収録音源の一部を宇宙最速先行試聴できる内容となる。
ニコニコ動画『【BUCK-TICK】30周年記念ベストアルバム リクエストランキング結果発表特番~B-T BEST 熱狂ナイト~ 』

8月10日(木)22:00分~

http://live.nicovideo.jp/watch/lv304357514

番組ナビゲーター : 茂木淳一

ゲスト : 今井智子/大窪由香/増田勇一 (音楽ライター)

※メンバーの出演はありません
アルバム『CATALOGUE 1987-2016』
2017年9月20日発売

【初回限定盤A】(4SHM-CD+Blu-ray)

VIZL-1238/¥12,000+税

【初回限定盤B】(4SHM-CD+DVD)

VIZL-1239/¥11,000+税

【通常盤】(2SHM-CD)

VICL-70235〜70236/¥3,000+税

※初回限定盤A・B:スペシャルパッケージ仕様

※すべてのCDプレーヤーで再生できる高品質CD「SHM-CD」を採用

<収録曲>

【初回限定盤A・B&通常盤共通】

■Disc-1

「CATALOGUE 1987-2016 Vol.1」

01. MACHINE [from 5th ALBUM 「狂った太陽」]

02. JUPITER [from 5th SINGLE 「JUPITER」]

03. HEARTS [from MINI ALBUM 「ROMANESQUE」] ※2017MIX

04. UNDER THE MOON LIGHT [from 2nd SINGLE 「惡の華」] ※2015MIX

05. MOON LIGHT [from REISSUE ALBUM 「HURRY UP MODE(1990MIX)」]

06. MY EYES & YOUR EYES [from 1st ALBUM 「SEXUAL×××××!」]

07. サファイア [from 11th ALBUM 「ONE LIFE, ONE DEATH」]

08. Coyote [from 16th ALBUM 「memento mori」]

09. 夜想 [from 18th ALBUM 「夢見る宇宙」]

10. 謝肉祭 -カーニバル- [from 12th ALBUM 「極東 I LOVE YOU」]

11. ドレス [from 6th SINGLE 「ドレス」]

12. ROMANCE [from 22nd SINGLE 「ROMANCE」]

13. DIABOLO [from 22nd SINGLE 「ROMANCE」]

14. ノクターン -Rain Song- [from 21st SINGLE 「幻想の花」]

15. 愛の葬列 [from 20th ALBUM 「アトム 未来派 No.9」]

■Disc-2

「CATALOGUE 1987-2016 Vol.2」

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy