体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

インディーゲームが岐阜に集結!全国エンタメまつり・インディー通りで見かけた注目作品たち

image1
 
8月5日・6日の2日間にかけて、岐阜県岐阜市で「全国エンタメまつり」(ぜんため)が開催された。ぜんためは岐阜駅前の各所でゲームを中心とした様々なイベントが行われる催しとなっており、地元・岐阜に籍を置く日本一ソフトウェアをはじめとする様々なメーカーが出展を行っていた。
 
image2
image7
 
ぜんための一角、柳ヶ瀬商店街日ノ出町シネックスホールでは、インディーゲームの出展コーナー「インディー通り」が設けられ、約20作品ほどの展示が行われた。
今回はこの「インディー通り」で出会った作品から、注目作を独断と偏見で紹介していく。気になる作品があればチェックしてみてほしい。

『海のカケラ』

潮騒セイレーン『海のカケラ』は「海」をイメージしたアートスタイルが特徴的なアクションアドベンチャーゲーム。
 
image4
 
主人公は自身の「分身」を探すため、リングの上を反時計回りに進み、ジャンプでリングからリングへと乗り継ぎながらステージを進んでいく。
赤や黄色などの体色を持った「仲間」と出会うことで、色の切り替えを行い、対応する色のリングを進んだり、ステージ上の仕掛けを動作させることができるようになる。

反時計回りにしか進めないもどかしさの中で行く手を阻む敵をかわすなど、慎重に進めば何ということは無いが、慣れが入るとうっかりミスしてしまう絶妙なバランスのアクションが醍醐味といえる。
代表のSHiEE氏にお話を伺ったところ、今回のようなインディーゲームのイベントへの展示は初めてとのこと。今後の飛躍に大いに期待したい一作だ。

Website: https://marin228.wixsite.com/mysite

『グノーシア』(仮)

image8
 
『メゾン・ド・魔王』を開発したプチデポットからは新作『グノーシア』(仮)がプレイアブル展示されていた。株式会社メビウスがパブリッシャーとなり、PlayStation Vitaで2017年中のリリースが予定されている。

漂流中の宇宙船の中で、記憶を失った状態で起こされた主人公は、人に擬態して潜入した凶悪宇宙生物「グノーシア」を封じこめるため、クルー達の中から疑わしい人物を投票で定めてコールドスリープさせていく。

いわゆる「人狼ゲーム」をモチーフとした作品だが、周回を重ねながら「人狼ゲーム」に馴染みの無いプレイヤーであっても順を追ってルールが把握できるようになっている点が好感触。一癖も二癖もあるクルーたちを時には疑い、時にはかばいつつグノーシアを特定していこう。

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy