体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

伝わる英語が「誰でも書ける」テクニック――英文メールの書き方(中級編)

『頑張らない英語』シリーズ(あさ出版)『英語を「続ける」技術』(かんき出版)など数々の英語学習に関する著書を出されている西澤ロイさん。英語の“お医者さん”として、英語学習の改善指導なども行っている西澤さんに「正しい英語学習の方法」についてお話しいただくこのコーナー。第8回目の今回は、「英文メールの書き方(中級編)」についてです。

f:id:fujimine:20170802161011j:plain

多くのビジネスマンにとっての鬼門と言える「英文メール」。英語がデキる人たちが、英文を書く時に密かに使っている「Google検索」の活用方法について解説します。

前々回の超初級編、前回の初級編では、翻訳ツールの上手な活用方法についてお伝えしてきました。今回の中級編でお伝えするのは、翻訳ツールに頼るのではなく、自力で英文を書く際に使える技術です。

世の中で使われている英語が「正しい」

まず基本的な考え方として知っておいていただきたいことは、「正しい」英語とは何か、です。日本の英語教育では、特に文法に関する正しさが強調されてきました。

例えば、

He don’t like it.

のような英文は間違いで、

He doesn’t like it.

が正しい、という風に習います。しかし、don’tを使っても、意味は伝わります。英語は「コミュニケーションのツール」です。コミュニケーションの観点では、「文法が合っている」ことよりも「通じる」「伝わる」ことの方が重要です。

つまり、「正しい英語」とは「現在の世の中で実際に使われている英語」だと考えるべきなのです。

もちろん、TOEICなどの試験となると、「He don’t…」のような英文は登場しません。話したり、書いたりする試験であれば、そういう使い方では減点されてしまうかもしれません。ですから私も、「使われている英語が“絶対的に”正しい」などと主張するつもりはありません。

ただ、会話やメールで重要なのは、コミュニケーションとして内容がきちんと(できるだけ正確に)伝わることです。文法的に正しいに越したことはありませんが、そこにとらわれ過ぎてしまうと、コミュニケーション自体が取れなくなってしまいます。ですから、ノンネイティブである立場として英語を使う時には、文法にこだわりすぎずに、実際に使われている英語を真似するところから始めるのが良いでしょう。

実際に使われている英語をGoogleで検索しよう

では、世の中で実際に使われている英語を知るにはどうしたら良いでしょうか? そこで非常に役立つのが、Google検索です。Googleを通じて、世界中にある英語のウェブサイトなどで実際に使われている英語を調べられるからです。

例えば、先ほどの「He don’t like it」で検索をしてみると、ゆうに100万件以上がヒットします。

中でも、「Bar Rescue」というテレビドラマのエピソードタイトル「Jon T, He Don’t Like It」の中でも使われていることや、NBA(バスケットボール)に関するニュースで取り上げられているコメントにも登場していることが分かります。

このように、実際に使われているかどうかをGoogleで検索して調べるのも一つの方法です。

※ちなみに「He doesn’t like it」でGoogle検索をすると、2,000万件以上がヒットします。ですから、より文法的にも正しいこちらの表現の方がベターであることは言うまでもありません。

Google検索の基本テクニック

自分が知りたい英語表現をうまく検索するためには、Google検索のオプションを使いこなす必要があります。

・基本はキーワードのAND検索

キーワードをいくつか入力してGoogle検索をした場合に、基本的にはそれらのキーワードのAND検索(全てが含まれるという条件での検索)になります。検索窓に

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。