ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

立ち寄るべきはココ!高速道路SA新店舗情報

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

帰省時に、リゾートへのお出かけ時に欠かせないのが高速道路のサービスエリア(SA)。近年では単なる休憩場所としてだけでなく、SAそのものが観光地として注目を浴びている例も多い。そこで、最近主要高速道路SAに新規オープンしたお店をチェックしておこう。もしお出かけ時に通るならぜひ立ち寄ってみて。


1.【東名高速・海老名SA(下り)】コールドストーン エクスプレス
昨年ソフトクリームファンを唸らせたあの味が再び登場。濃厚なミルクを使用したソフトクリーム「リッチミルク」をベースにバラエティ豊かなメニューを展開中だ。コーンは、プレーンに加えてトッピングをしたコーン6種と、綿菓子に包まれたコーン2種を用意。好みのソフトクリームに、チョコレートやナッツなどの10種類のトッピングから3種類を選んで世界に一つだけのソフトクリームが作れる「MYデコソフト」作り体験も+150円で行える。


2.【中央道・談合坂SA(上り)】スイーツ・ラボ・シバタ
続いては、山のリゾート帰りには欠かせない中央道の談合坂SA上り線。長くリニューアル中だったが、7月22日(土)にグランドオープンし、多数の新店舗が登場。中でも注目は、岐阜県多治見市で誕生し、世界でも店舗を展開する「ChezShibata(シェ・シバタ)」監修の洋スイーツ専門店「スイーツ・ラボ・シバタ」。甘さとしょっぱさのバランスが絶妙な「どーしお。なっつ(キャラメルクリーム入・生チョコクリーム入)」<上の写真>など、ここでしか味わえないスイーツが楽しめると早くも評判になっている。


3.【上信越道・横川SA(下り)】YOKOKAWAハイウェイガーデン®
最後は店舗ではなく、SAの中のイングリッシュガーデンを紹介しよう。避暑地の代表格である軽井沢・信州への玄関口・上信越道の横川SA下り線に7月23日(日)オープンしたばかりなのが、YOKOKAWAハイウェイガーデン®のイングリッシュガーデンエリア。春から秋まで次々と咲いていく美しい花々で運転疲れも渋滞疲れもリフレッシュできそうだ。今後、ナチュラルガーデンエリアも整備される予定。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。