ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

懐中電灯で…19歳以下限定の“暗やみの古本屋”

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

懐中電灯で…19歳以下限定の“暗やみの古本屋”
J-WAVEで放送中の番組「WONDER VISION」(ナビゲーター:平井理央)のワンコーナー「TOKYO SOCIAL MAP」。8月6日(日)のオンエアでは、19歳以下しか入れない古本屋「暗やみ本屋ハックツ」に注目しました。

こちらの古本屋を紹介してくれたのは、「読書講師」という肩書きのもと、本のセレクトや絵本の読み聞かせ、読書感想文のレクチャーなど、本にまつわる、さまざまなお仕事をされている島袋妙絵さんです。

島袋さんによると、「暗やみ本屋ハックツ」は月に一度開店する古本屋で、店頭に並んでいる本は、大人たちが今までに自分が読んで役に立った本や、人生のターニングポイントになった本などを寄付したもの。そして本には、小さなメッセージカードが付いているとか。店の中に入った若者たちは、ライトを使ってメッセージカードなどを見て、心に留まった本を選んでいくという、変わったお店です。

本を寄付する時には大人たちが集まって、その本を紹介するそうです。「毎回、知らない人が集まるんですけど、和やかに喋れるので、それを求めて寄付している大人もいるんじゃないかな」とのこと。寄付する大人たちにとっては、「その本を選んでくれるかな…」というドキドキがあるそう。選ばれたら、どういう子がどういう理由で選んでくれたかも分かり、その人達と今後、お友達にもなるそうで、島袋さんは「参加して本当に良かった」と言っていました。

そこで、スタジオには「暗やみ本屋ハックツ」のスタッフの原奈々美さんをお迎えして、話を伺いました。

原さんによると、本を寄贈する大人の皆さんは個性豊かな人が多いそうで、社長、教師、フリーター、学生などさまざま。寄贈される本も、小説、エッセイ、雑誌、漫画などいろいろな本があるそうです。中には、新たに本を買って寄贈してくれる人もいるとか。

「寄贈された本がハックツされる(若者の手に渡る)と、スタッフより『ハックツされました!』というメールが届くんです。そのメールが届くと、もっと寄贈したくなるという、良い連鎖が生まれます」(原さん、以下同)

店内を暗闇にするメリットは、本が苦手な子でも気軽に入店してくれることと、暗いからこそ、本とじっくりと向き合えるということがあるそう。

また、「暗やみ本屋ハックツ」を始めようとし思ったきっかけについて、原さんは「10代の若者は、家と学校が主なコミュニティーになりがち。そのコミュニティーにうまくなじめなくて息苦しさを感じている子にとって、地域の大人と出会えたり、学びを共有できる場があってもいいのではないか…」と語ってくれました。

次回は8月19日(土)に東京・上石神井にあるCAFE30で開催されます。10代であれば誰でも参加できるそうです。詳細は「暗やみ本屋ハックツ」のサイトを御覧ください。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:「WONDER VISION」
放送日時:日曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/wondervision/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。