体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京から90分。「週末の田舎暮らし」が味わえるLOOF

東京から90分。「週末の田舎暮らし」が味わえるLOOF

東京生まれ・東京育ちの私にとって、「田舎暮らし」は憧れの存在…。夏休みに里帰りするなんて話を聞くと、とても羨ましく感じます。東京から90分のところにも「田舎に暮らすように泊まれる」古民家宿があるんだそう。最近増えてきている「暮らすような旅」ができる宿やゲストハウス。ただ観光スポットを巡るのではなく、地元ならではの食事や、地域の方々との交流を楽しむ旅もいいですよね。

田舎暮らしに憧れているけどハードルが高いという方や、いつかは都会と地方を楽しむ「二拠点居住」をしてみたいという方、長い休暇は取れないけど1泊2日で旅行を楽しみたい方、こんな週末の過ごし方はいかがでしょうか。東京から90分。「週末の田舎暮らし」が味わえるLOOF

田舎暮らしと都会暮らし
どちらもほしい

今回訪ねたのは、山梨県笛吹市芦川町にある1日1組限定の貸し切り古民家宿「LOOF」。

兜作りの屋根が特徴の「澤之家」と、瓦屋根の昭和建築「坂之家」の2棟からなっています。どちらも最大10人まで宿泊できるので、大人数でも周りを気にせずわいわい楽しめるのがいいですね。

こちらの宿は、東京から車で約1時間半、電車でも約2時間というアクセスの良さも人気の理由のひとつ。いわゆる限界集落と呼ばれる地域で周辺にコンビニやスーパーはありませんが、地元の食材を使った夕飯を用意してくれるので、自炊の準備はいりません。アメニティや設備も、最新のものが完備されています。豊かな自然と古民家でのおしゃれな暮らし、まさに都会と田舎のいいとこ取りができるんです。

青い屋根が目印。
築100年の「澤之家」

東京から90分。「週末の田舎暮らし」が味わえるLOOF まずは、2014年にオープンした「澤之家」へ。東京から90分。「週末の田舎暮らし」が味わえるLOOF 築100年以上が経つ古民家の屋根や柱はそのまま残して磨き上げ、床を張り替えてリノベーション。家具やキッチンは新しくして、新旧が調和した趣ある空間に。吹き抜けの天井は開放感があります。東京から90分。「週末の田舎暮らし」が味わえるLOOF 上を見上げると、青いトタン屋根の内側はこんなふうに茅葺き屋根に。東京から90分。「週末の田舎暮らし」が味わえるLOOF お部屋にはApple TV、iPad、WiFiが用意されていて、自由に使うことができます。床の間の壁がスクリーンに様変わり!夜はNetflixで友人たちと映画鑑賞、お子さんはキッズ番組を鑑賞してもいいですね。東京から90分。「週末の田舎暮らし」が味わえるLOOF
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会