体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これが5Gの実力か!アイドルフェスで『JidorAR』体験してきた

これが5Gの実力か!アイドルフェスで『JidorAR』体験してきた

2020年の商用サービス開始を目指して実証実験をしている、NTTドコモの次世代通信規格5G。今までより大幅な高速・大容量・低遅延の通信を可能にする技術だが、その可能性の一端を体験できるイベントが8月4日~6日に東京のお台場・青海地区で開催された「TOKYO IDOL FESTIVAL 2017」会場で行われた。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

■アイドルと自分のアバターがステージで共演「JidorAR」

体験できたのは進化型自撮りアプリとも言える「JidorAR(ジドラー)」。AR技術を用い、事前に3Dスキャンした自分のアバターで、本来自分がいない場所での自撮りを可能にするアプリだ。今回は「NTTドコモ×フジテレビ 5Gステージ」と題して、オフィシャルサイトで募集した各回100名の体験者が、フェスの3日間に出演するアイドルのステージで、アイドルと自分のアバターがステージ上に並んで共演できるというもの。

初日のステージを務めたのは、日本ツインテール協会から誕生したアイドル「まねきケチャ」のみなさん。ちなみに2日目は万葉シャオニャンを前身とする「大阪☆春夏秋冬(しゅかしゅん)」、3日目はふらっぺidolぷろじぇくとから誕生したアイドル「sora tobu sakana(オサカナ)」がそれぞれパフォーマンスを披露した。

ステージに登場したまねきケチャの皆さん。体験者は彼女たちのファンでもあるので、たちまち会場の熱気は急上昇。



ここにJidorARアプリを起動したスマホをかざすと……アバターがステージに現れ、ステージのまねきケチャのみなさんと一緒に踊る姿が。何故かオタ芸のムーブまで実装されているのが面白い。

振付のデータが入っている楽曲では、アバターが見事にシンクロして踊り、まさに「アイドルとステージで共演」している感覚に。



アバターの衣装はいくつか用意されており、怪獣の着ぐるみなども。また、画面右下のアメラアイコンをタップすると、アバターと合成された写真を撮影することができ、共演する姿を残すこともできる。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。