体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「男性より優秀だから結婚しづらそう」と言われる。でも、結婚したい。

「とにかく結婚したい」と未婚バリキャリが言うときは、だいたい3つのパターンにわけられます。

仕事でめちゃくちゃ疲れている。

恋愛でめちゃくちゃ疲れている。

世間と親のプレッシャーでめちゃくちゃ疲れている。

だいたいは上記3つすべてフルコンボなわけです。

収入が安定しない女性が「結婚したい」という場合の多くは「収入の安定」が大きな理由ですが、自分のほかに、あとひとりかふたりは余裕で養える経済力を持つハイスペ女子には、この動機は当てはまりません。

彼女たちが疲れを感じるごとに「結婚したい」という理由のひとつは、「仕事をバリバリやっていたら、いき遅れの女になっていた」というレッテルを貼られることを恐れるから。

「男性より優秀だと結婚しづらいよ」と言われ続ける

20170807_papuriko03.jpg

「なんでそんなレッテルを恐れてるの? それって、未婚バリキャリ女性にそういう偏見を持っているからじゃないの?」と思うかもしれません。

たしかにその一面もあるでしょう。

しかし、彼女たちは未婚の段階ですでに、レッテルをばんばん貼られまくってきているからです。

このようなレッテル貼りをしてくるのは、まず年上男性、次いで年上女性。彼らは「君のためを思って言ってるんだよ」とアドバイスをしてくる体裁で、さまざまなポイズン言霊をぶん投げてきます。

「そんなに仕事詰めだと、男性に引かれるよ。家事や子育てができないと思われる」

「男性は自分よりできる女性は恋愛対象としては見られないんだ」

「女なのに、そんなに高学歴である必要ある?」

「男はプライドの生き物なんだ。だから相手より下に見せるのが賢い女ってもの」

「君はマインドが男なんだよなー。だから男と張り合ってしまう。でもそれだと結婚相手にはならないね」

彼らが言っていることはだいたい似通っていて「男性は自分より下に見れる女性が好き。でも君の学歴・キャリアは平均男性よりだいぶ優秀だ=下に見られる男性が少ない=結婚しづらい・できない」という論法です。

スルーし続けられず溜まっていく

20170807_papuriko04.jpg

これは、おそらくある程度のハイスペ女性なら数十回〜数百回は聞いた言葉だと思います。

「オー! なんたる昭和スメル! いまは泣く子も黙る21世紀! 寝言は寝て言え!」とスルーすればいいのですが、何十回も同じことを言われ続けると、人間は「そうなのかな?」と思い始めてしまいがち。

しかも、このようなことを言ってくるのはだいたい自分よりキャリアも人生経験もある年上の男女です。会社の上司や取引先の幹部、社会的地位が高い親族や両親に「こういうものだ」と言われると、「そうなのかな?」と思ってしまう女性は少なくありません。

私の場合、このようなうんコメントを投げてくる存在はハイスペモラハラ父&兄でした。

彼らの言うことを「はいはいハイスペハイスペ、モラハラモラハラ」とすべてスルーする訓練を10代〜20代前半にかけてみっちり積んだため、ほかの人に言われてもそこまでダメージを食らうことはありませんでしたが、モラハラ訓練を受けていないバリキャリ女性はスルーし続けることは、思いのほか難しいです。

「男性より優秀だから結婚しづらそう」と言われる。でも、結婚したい。

20170807_papruiko05.jpg

上記のような言葉を心のうちに溜めていき、アラサーあたりで思考のダークサイドに一気におちいりがちなのが、「親や先生の言うことを聞いてきた優等生」タイプ、「家族関係が破綻していない、安定したハイスペ父&専業主婦家庭育ち」タイプの女性です。

彼女たちは基本的に、年上の人たちのアドバイスを素直に受け入れるクセがついているため、親や上司から「女性はこういうものだ」と言われると、違和感を覚えても「そういうものなのかな」とまず受けとめようとします。

1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。