ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

シチリア島から日帰りで行く、世界遺産エオリエ諸島の泥沼温泉&海底温泉へ!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

硫黄の香る温泉が近くにあると知り、居ても立っても居られなくなった7月のこと、滞在していたタオルミーナから電車で1時間、船で2時間かけ、日帰りで温泉にいってきました。

エオリエ諸島とは
シチリア島の右上30km、ティレニア海に浮かぶ7つの火山島からなるエオリエ諸島があります。青く美しい海に囲まれた光景を、映画「イル・ポスティーノ」でみかけた方もいるかもしれません。2000年に自然遺産としてユネスコに登録されました。

硫黄の香り立ち込めるヴルカーノ島へ

シチリア島から高速船で!火山島エオリエ諸島の硫黄温泉へ
噴火したらそのときだ、という覚悟を胸に島に到着しました。エオリエ諸島にはザ・リゾートな雰囲気の島もあるのに、ここは、行ったことのないけれどメキシコの田舎、といったような乾いた辺境の土地。

温泉に近づくにつれ、硫黄臭が立ち込めます。日本と違うのは、そこに少し尿素のような臭いが加わっていること。

シチリア島から高速船で!火山島エオリエ諸島の硫黄温泉へ
(c)Shio Narumi

灼熱の島の泥沼温泉

料金を払い(€3ほど)、はやる気持ちでサンダルを脱ぎ、温泉へ向かう数メートルの間に足裏がやけど! 砂が熱々です。

温泉はお湯も沼の底もぬるくてほっとしました。色からしても、ひなたの水溜まりに入っている感じです。泡がぼこぼこしています。硫黄が含まれた蒸気、塩水そして粘土質の土が湧き出ているからだそうです。

肌がすべすべになるということで海底の泥をぬりたくります。せっかくの硫黄だし、泥パック効果を思うと長く浸かっていたいけれど、顔に浴びる日差しが容赦なく、日焼けが気になります。それでも夏しか営業していないそうです。

シチリア島から高速船で!火山島エオリエ諸島の硫黄温泉へ
(c)Shio Narumi

海底温泉へ

すぐ近くにある海底温泉へ。冷たい水と熱いお湯が混じり合っているのが、場所によってその配分が違うので温度が一定でない感じ。潜ってみると、湯の花がぶわーっと出ているのが見えます。

あたたかな海で泳ぐってこんなに気持ち良いものとは! プカプカと浮かんでいると、幸せなことしか頭に浮かばないのです。

シチリア島から高速船で!火山島エオリエ諸島の硫黄温泉へ
泥沼温泉に入ると、水着についた硫黄の匂いなかなかとれないと聞いていたけれど、水着を着るたびにこの温泉のことを思い出し、幸せな気分になりました。

[イタリア政府観光局]
[シチリアクラブ]
[Photos by shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。