ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ミスチル新旧3曲チャートイン、福山、菅田ら新譜発表、THE ALFEE高見沢が小説家デビュー:今週の邦楽まとめニュース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ミスチル新旧3曲チャートイン、福山、菅田ら新譜発表、THE ALFEE高見沢が小説家デビュー:今週の邦楽まとめニュース

 7月26日にリリースされたHey!Say!JUMPの初のベスト・アルバム『Hey!Say!JUMP 2007-2017 I/O』が、初週累計で317,994枚を売り上げ、Billboard JAPAN週間アルバム・セールス・チャートでNo.1を獲得した。セールス1位に加え、ルックアップでも2位を獲得したことから、総合アルバムチャートも制する結果に。今年11月に10周年を迎えるHey!Say!JUMPのこれまでの楽曲を網羅した本作に続くのは、JUNHO(From 2PM)の『2017 S/S』、先週1位を獲得した欅坂46の『真っ白なものは汚したくなる』。『真っ白な~』は順調にセールス数を伸ばし、31万枚の大台を突破した。

【ビルボード】Hey!Say!JUMP初ベスト『Hey!Say!JUMP 2007-2017 I/O』が317,994枚を売り上げ、大差でアルバム・セールス・チャート首位
【ビルボード】Hey!Say!JUMP初のベスト盤が総合アルバム首位に、ミスチルはダウンロード1位に再浮上

 シングルチャートでは、絶賛公開中の映画『君の膵臓をたべたい』の主題歌であるMr.Children「himawari」が、131,463枚を売り上げ、シングル1位、ルックアップ1位、ラジオ8位、Twitter12位、動画再生74位でJAPAN HOT100総合首位を獲得。ミスチルはフジテレビ月9『コード・ブルー』の主題歌「HANABI」(総合13位)、「365日」(総合57位)と、100位圏内に3曲チャートインしている。

【ビルボード】Mr.Children『himawari』が131,463枚を売り上げて超特急を逆転、シングル・セールス・チャート首位
【ビルボード】Mr.Children「himawari」総合首位 三代目登坂「WASTED LOVE」ダウンロード初登場1位

 星野 源のニュー・シングルで日テレ『過保護のカホコ』の主題歌である「Family Song」のミュージックビデオと特典DVDの予告編が公開された。ピンクを基調としたビデオには、『過保護のカホコ』主演の高畑充希や、藤井隆が出演。話題を呼んだあの『おげんさんといっしょ』ファミリーが再集結しており、ファン悶絶の映像に仕上がっている。藤井のノリノリのダンスも必見だ。

星野 源、新曲「Family Song」MV&特典DVD予告編を公開

 今年CDデビューを果たした菅田将暉は、次のシングル『呼吸』を8月30日にリリースすることを発表。初めて作詞にも挑戦した本曲はラブソングになっており、新しく公開されたアートワークでは、ガラス越しの距離感で憂いを表現している。さらに、テレビ朝日ドラマ『黒革の手帖』の主題歌を歌う福山雅治の2年振りとなるシングル『聖域』のリリースも9月13日に決定。ジャズの妖艶さとスパニッシュ音楽の哀愁がふんだんに取り入れられた一曲で、福山曰く「自分の中の守るべき場所、あるいは自らが望むあるべき姿への憧れという意味を込めた」という。

菅田将暉 初の自身作詞シングル『呼吸』ガラス越しの美しいアートワーク公開
福山雅治 新SG『聖域』リリース決定! 全国アリーナツアー公演詳細も

 THE ALFEEのリーダー、高見沢俊彦が執筆した初小説『音叉』(おんさ)が8月22日発売の小説紙『オール讀物 9月号』(文藝春秋)に掲載されることが分かった。執筆名「?見澤俊彦」による本作は、学生運動、フォーク、ロック喫茶など、若者文化が花開いた70年代が舞台の青春小説。?見澤は小説オファーが来た時は、無理だろうと思っていたそうだが、話し合いを進めていくうちに、「音楽畑で長年やって来た自分ならではの表現もあるのでは?」と思い立ったよう。「個人的には小説という新しい扉を、わくわくしながら開けて行きたいと思っています」とコメントしている。

THE ALFEE高見沢俊彦、小説家デビュー決定

その他今週の注目ニュース
桑田佳祐、新AL『がらくた』初回盤にビルボードライブ公演の映像を収録
倖田來未 水上ダンスシーンは必見! 新曲「LIT」ミュージックビデオ公開
Aimerのニューシングルを梶浦由記がプロデュース
Mrs. GREEN APPLE、新曲「WanteD! WanteD!」先行配信決定&秋には初の学園祭ツアーも
SuG 日本武道館公演をもって無期限活動休止

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。