ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

子供や孫に「お盆玉」あげてる?今どきシニアの実態を調査

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

あおぞら銀行が毎年実施している「シニアのリアル調査」。全国の55歳~74歳の男女約2000名を対象に、シニアの暮らしぶり・老後の意識・資産運用・旅行や外食・趣味・子供や孫についてなど、様々な視点からお金に関連する実態やその意識を調査している。今回、シーズン到来の「お盆玉」に関する調査結果が発表された。

「お盆玉」とは、お盆の時期に、子供や孫にあげるお小遣いのこと。近年、中高年の間で使われ始め、定着しつつある「お盆玉」だが、その言葉を知っていると答えたのは2016年は16.6%だったのに対し、2017年は28.9%(男性25.6%、女性32.1%)と12.3ポイントもアップした。

しかし、平均金額は2016年:5700円、2017年:5900円と、ほぼ変わらなかった。

また、今どきのシニアには、子や孫が帰省する際にかかる交通費を負担する「帰省支援」が定着していることも判明。「帰省してくる子や孫がいる」と答えた63.1%のうち、子や孫が帰省する時に交通費を負担している「負担派」は45.4%と、約半数が負担しているという結果だった。

「負担派」シニアの一人当たりが負担している交通費の平均は3万1900円。また、帰省中に使う予算(交通費以外)は平均4万6100円と、お盆期間に4万円以上を使用していることが分かった。

一方で「帰省してくる子や孫がいる」と答えた割合は63.1%と前年より2.4ポイント減っており、盆休みの帰省はやや減少の傾向があることが分かった。

あなたは「お盆玉」をもらう?もらわない?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。