体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

地元の人も通う、居心地よすぎるSUPER JUNIORのイェソンのカフェ

地元の人も通う、居心地よすぎるSUPER JUNIORのイェソンのカフェ
韓国の芸能人には、自分のお店を持っているという人も多くいます。以前、TABIZINEで紹介した「Midnight Cireal」は、ボーカルグループ2AMのチョグォンが経営するお店です。

中には、店内にはグッズや写真などがあふれ「いかにも」なお店もありますが(そういうところはファンが入り浸ることが多い)、そうではなく「普通のカフェ」として地元の人たちに密着しているカフェもあります。

「Mouse Rabbit Coffee(マウスラビットコーヒー)」は、日本でも人気のSUPER JUNIOR(スーパージュニア)のイェソンが家族で経営しているカフェ。芸能人のカフェですが、地元の人たちが通う居心地のいいカフェなんです。今回はそのカフェを紹介します。

地元民ばかり!おしゃれな店内

「Mouse Rabbit Coffee(マウスラビットコーヒー)」は、「マウラビ」と呼ばれ親しまれている一軒家のカフェ。建国大学がある地下鉄の駅「建国大学入口(建大入口)駅」より、歩いて5分程度の場所にあります。

地元の人も通う、居心地よすぎるSUPER JUNIORのイェソンのカフェ
駅の名前の通り大学があるため、お店の周りは学生向けのプチプライスのお店などがたくさん軒を連ねています。そういうこともあり、マウラビのお客さんには、学生さんが多いようです。

地元の人も通う、居心地よすぎるSUPER JUNIORのイェソンのカフェ
店内は、地下1階~2階まであり、広々とした空間が広がっています。1階から2階にかけては吹き抜けで、明るい日差しが入ってきて、昼間はとても気持ちがいい!

地元の人も通う、居心地よすぎるSUPER JUNIORのイェソンのカフェ
こんな広々したお店ですが、イェソンに関連するものはほとんどおいてありません(リニューアル前は多少ありましたが)。トイレの横に、イェソンのポスターがあるくらい。

地元の人も通う、居心地よすぎるSUPER JUNIORのイェソンのカフェ
普通に使えるカフェとして機能しており、地元の人たちのお気に入りのカフェとして、勉強時に使われたり、友達との集まりに使われたり、しているようでした。

地元の人も通う、居心地よすぎるSUPER JUNIORのイェソンのカフェ
2階へ行く階段を上がっていくと、勉強机みたいな格好の座席が。こちら、お一人様に人気があるんですよ。なぜか落ち着くのだそうです。

地元の人も通う、居心地よすぎるSUPER JUNIORのイェソンのカフェ
2階は広々とした空間。様々なタイプの椅子や机があって、とってもおしゃれです。リニューアルしてから、さらに明るい雰囲気になりました。一番人気は、奥のソファー席のようです。

こんなに素敵なカフェですが、実はこのお店の穴場は「地下」なんです。

穴場はお店の「地下」にある

実は、マウラビの穴場は「地下」なんです。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。