体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

100円台の手頃なビールを「クラフトビール風」に化けさせる裏ワザ【BEER HACK】

f:id:Meshi2_Writer:20170720213541j:plain

マイクロ出版社ferment booksの(よ)です。

やっぱり夏はビールっすよね~。とくに、大流行のクラフトビールをグイッとできたら最高です!

でも、クラフトビールってけっこう値が張りますな。

350ml缶だと、どんなに安くても1本 250~300円くらいから。お店で飲むとパイントグラス(500ml前後)で1,000円くらいはします。

なんとか、財布に優しく楽しめないものか……。

あっそうだ! 自分で作ってみよう!!(突然)

ムクムクっと湧き上がってきたワケのわからないDIY精神に突き動かされた結果、安価な「第3のビール」をクラフトビール化する計画をぶち上げ、試行錯誤を開始しました。

第3のビールとは、「発泡酒」とは異なるビールテイスト飲料のカテゴリー。酒販店やスーパーに行くと、350ml缶が100円ちょいくらいの価格で販売されていますよね。

この「第3のビール」に、コーヒー、フルーツ、スパイス、ハーブといった、クラフトビールっぽいフレーバーをつければ、けっこう雰囲気出るんじゃなかろうか?

さっそく、クラフトビールに詳しい「麦酒処ぬとり」の山田泰一さんに相談しに行きました。

f:id:Meshi2_Writer:20170720213758j:plain

山田さんは、ビール関連イベントなどに出店してクラフトビールを提供する活動を展開中。また、謎のビールスポーツ「ビアポン」の普及につとめたり、王冠を曲げずに開栓できる栓抜き作りのワークショップ(ビール王冠コレクター向け)などを行いつつ、日常的にさまざまなビールを楽しんでもらうお店「麦酒処ぬとり」のオープンを目指すビールクリエイターです。

「第3のビール」にコーヒーやフルーツといった素材の風味をプラスして、クラフトビール化できるかどうか、さっそく山田さんにたずねてみました。

楽しい実験、ということで考えるなら、めちゃくちゃアリだと思います」(山田)

アリですか!

「もともとビールづくりには、醸造工程のさまざまな段階でフルーツやスパイスなどの副原料を投入してフレーバーを出すテクニックが存在します」(山田)

ほう!

「また、ランドルフィルターという器具もあります。お店で生ビールを提供する際、それにホップやフルーツなどを詰め込んで樽につなぎ、フレーバーを添加しながらグラスに注ぐんです。この実験は、そういった手法に通じるところがありますね」(山田)

なるほど!

要注意点は、アルコール度数20度未満のお酒に食材を漬け込むと、酒税法の「お酒の製造」に該当する可能性があること。そこで、ノンアルコールのビール風飲料に素材を漬け込んで作った「原液」に対して、飲む直前に「第3のビール」を注いで完成させる方法を採ることにしました。

まとめると、こんな感じ。

f:id:Meshi2_IB:20170801202527j:plain
1 2 3 4 5 6 7次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy