ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

俳優の村上虹郎が語る「舞台にあって映画にないもの」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

俳優の村上虹郎が語る「舞台にあって映画にないもの」
J-WAVEの新番組「JOURNAL STANDARD FIND ONE STYLE」(ナビゲーター:Licaxxx)。クラブDJで、J-WAVEの番組「SONAR MUSIC」にも出演しているLicaxxxが、さまざまなジャンルで活躍するトップランナーたちをお迎えし、いろいろな角度から、自分らしさとそのスタイルをお聞きします。

8月4日(金)のオンエアでは、俳優の村上虹郎さんをお迎えしました。Licaxxxが村上さんを知ったのは、舞台「書を捨てよ、町へ出よう」だったそうです。現在20歳の村上さんが、デビュー作を撮影していたのは16歳の頃ですが、以前から俳優を目指していたわけではなかったとか。

村上:母親(UA)が歌を歌っているから、ライブとかは子どもの頃から行くわけですよ。日比谷野外音楽堂とかで、わきゃわきゃ走りまわっているって感じなんだけど、親父(村上淳)は俳優で、俳優が息子を現場に連れてくることはあまりないから、映画界とは距離があったんです。そんなときに河瀬直美監督から声を掛けられて、映画のオーディションを受けたんです。
Licaxxx:最近は舞台やテレビ、映画の仕事をしていると思うんですけど、違いってあるんですか?
村上:映画は、どの現場も素敵だし、学ぶことばっかりなんだけど、多分、一昔前よりお金もないし、タイトな時間の中でどんどん撮っていくんです。余裕がある中でがっちりと、こてんぱんに演出をしてくれるってことがあまりないんですよ。
Licaxxx:うんうん!
村上:一方の舞台は、30日くらい稽古があって、何十回も何百回もやるっていうのは経験値としてはぜんぜん違うんです。舞台はしっかりと身につくし、終わってからも2、3カ月くらいはそのセリフが言えちゃうけど、映画は、昨日言ったセリフも覚えてないから…。

と、語りました。後半は、ファッションについてもお聞きしました。人から洋服をいただくことも多いそうで、村上さん自身は古着を買うことが多いそうです。「お店では『これが良い』と思っても、ほかの服も全部見て、結局最初に『良い』と思った服に戻ります。あと、生地感が良くないと買わないですね」とのことでした。

村上さんとの話を終えたLicaxxxは、村上さんの印象について、「普段話していてもそのままの性格で、いろんなものに出ているけれど、奇を衒(てら)っていない。アートとか音楽とか、いろいろなことに興味がある青年なんですよね! それに話しやすいし、面白いから、これからもいろんなお話を聞いていけたら…」と語りました。

村上さんは現在、ドラマ「デッドストック〜未知への挑戦〜」(テレビ東京)に出演中のほか、9月には「二度めの夏、二度と会えない君」、「ナミヤ雑貨店の奇蹟」、「AMY SAID」と立て続けに映画が公開されるので、要チェック! そして「JOURNAL STANDARD FIND ONE STYLE」次回11日(金)の放送では、夏木マリさんをお迎えします。どうぞ、お楽しみに。   

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「JOURNAL STANDARD FIND ONE STYLE」
放送日時:毎週金曜 23時−23時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/findstyle/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。