体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界最古のプラネタリウムは天才学者の自宅のリビングに作られた!?

ファンタジー映画に出てきそう!200年以上前の世界最古のプラネタリウム
(c) Koninklijk Eise Eisinga Planetarium

大人も子どももプラネタリウムに行くと、宇宙と一体化できるようでワクワクしますよね。ヨーロッパのオランダには、「世界最古」と言われるプラネタリウムが今も現役で動いているのでご紹介したいと思います。しかもそのプラネタリウム、まるでファンタジー映画から飛び出してきたような美しさなのです。

オランダ北部にある世界最古のプラネタリウム

ファンタジー映画に出てきそう!200年以上前の世界最古のプラネタリウム
その世界最古のプラネタリウムがあるのは、オランダのフリースラント州にあるフランエーケル(またはフラネケル。Franeker)。オランダ北部に位置するので、アムステルダムからは電車で2時間半ほどかかります。人口約1万2000人ほどの小さな町にもかかわらず、そのプラネタリウム目当てに世界中から天文ファンが訪れてくるのだとか。

ファンタジー映画に出てきそう!200年以上前の世界最古のプラネタリウム
(c) Koninklijk Eise Eisinga Planetarium

実はプラネタリウムは今は「Koninklijk Eise Eisinga Planetarium」という博物館になっているのですが、その噂の施設の外観がこちら。「えっ、カフェじゃないの?」と思われるかもしれませんが、それは隣にカフェが併設されているから。建物の壁にはちゃんと「プラネタリウム」(PLANETARIUM)と書かれていますのでご安心を。

では、早速中に入ってみましょう。

美しいプラネタリウムを作った天才学者

ファンタジー映画に出てきそう!200年以上前の世界最古のプラネタリウム
(c) Koninklijk Eise Eisinga Planetarium

これが、「Koninklijk Eise Eisinga Planetarium」の様子。今から200年以上も前の1781年に完成した、惑星の運行を正確に表示してくれる世界最古のプラネタリウムです。現代の投影式プラネタリウムとは構造が異なりますが、ため息が出るほど美しいですね。まるでファンタジー映画の舞台セットのようです。ここから何かストーリーが始まりそうですねよ。

ただ、天井に設置された器具たちとはうらはらに、何やら壁の部分にはソファーのようなものが見えませんか? 写真の右端には、クローゼットのような扉もありますね。この生活感あふれる内装は、一体どういうことなのでしょう。

ファンタジー映画に出てきそう!200年以上前の世界最古のプラネタリウム
(c) Koninklijk Eise Eisinga Planetarium

実はこの「Koninklijk Eise Eisinga Planetarium」は、製造者のアイゼ・アイジンガ(Eise Eisinga)氏のご自宅のリビングに造られた設備なんだとか。そのため、美しいプラネタリウムに18世紀の庶民の生活が垣間見える何とも不思議な場所なのです。

このアイジンガ氏は家業である羊毛業に従事していましたが、幼少期から天文学に興味を示し、独学で宇宙に関する勉強をしていたアマチュア天文学者でもありました。なんと15歳で650ページの数学の本を執筆するほどの天才ぶりで、後に当時のフランエーケル大学に教授として招聘されたそうです。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会