ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

電動一輪車「Uno Bolt」は重心移動で坂道もラクラク

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
スケートボードや自転車など、電動の乗り物が最近増えてきている。今回紹介するのは電動一輪車。

米国フロリダのスタートアップが開発した「Uno Bolt」は、バイクのように座りながら重心移動で操作するという変わり種だ。

・座りながらのお手軽楽移動

これまでTechableでは、Kiwano k01やIotaなどの電動一輪車を取り上げた。いずれも立ったまま体重移動で操作するというもの。

しかし今回のUno Boltは、バイクのようにまたがって座るタイプ。足を置くペダルやハンドルがあり、見た目は子どもが乗る三輪車を大きくしたような感じ。しかし、タイヤは1つだけのれっきとした電動一輪車だ。

・傾斜45度まで走行

走行操作に必要なのは体重移動のみ。前に進みたい時は前方に上半身を傾け、後方に走行したり減速したりしたい時は体を後ろに倒す。

右折や左折も体を行きたい方角に体を傾けるだけで行え、その際は倒れないようにタイヤが自動でアシストするという。ブレーキやクラクションはハンドル部分についている。

航続距離は約40キロで最高スピードは時速35キロ。傾斜45度まで走行が可能だ。

・倒れにくい!

一輪車というと、バランスをとるのが難しいというイメージがつきまとう。しかしUno Boltのタイヤは太めで、開発元によるとジャイロスタビライザーも搭載しているので倒れにくい構造になっているという。

その他、特筆すべき点としてはフル充電するのにわずか45分しかかからないことが挙げられる。ハンドル部分にパネルがあり、そこにスピードや走行距離、バッテリーの残量などが表示されるのも便利だ。

Uno Boltは現在クラウドファンディングサイトKickstarterで出資を募集中。今なら999ドル(約11万円)と、この手のものにしてはリーズナブル価格となっている。

日本へもプラス195ドル(約2万1000円)で発送してくれるが、日本の公道ではおそらく使用不可なので注意が必要だ。出資期限は9月9日。

Uno Bolt/Kickstarter
https://ksr-video.imgix.net/projects/2990596/video-799975-h264_high.mp4

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。