ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

いきものがかり水野、70年代の曲で妄想フェス!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

いきものがかり水野、70年代の曲で妄想フェス!
J-WAVEでオンエア中の「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。木曜はいきものがかりの水野良樹とお送りしています。8月3日のオンエアでは、「70年代妄想フェス」と題して、歌謡曲と今のJ-POPに通ずるエバーグリーンな音楽が同時に生まれていた70年代、「こんなアーティストが並んで、立て続けに演奏したら…」と、水野が妄想で選んだフェスのラインアップを紹介しました。

●山本リンダ「どうにもとまらない」
「元々は『恋のカーニバル』というタイトルだったそうですが、レコーディングの現場でスタッフの皆さんが歌詞に出てくる言葉の『どうにもとまらない』を口々に言っていたことから、阿久(悠)さんが『どうにもとまらない』というタイトルに変えたそうです。オイルショックとかがあって、70年代初頭の雰囲気と『どうにもとまらない』という言葉がリンクしたみたいです」(水野、以下同)

●はっぴいえんど「風来坊」
「阿久さんが『どうにもとまらない』と言っている間に、こっちは『風来坊』、つまり、“どこ吹く風”というわけです」

●吉田拓郎「リンゴ」
「フォークソングなんですけど、たとえば岡林信康さんのような政治性が入っているフォークソングとは、ちょっと違います。拓郎さんはこの後、’74年に森進一さんの『襟裳岬』を書いたりして、ジャンルの横断が行われました」

●ゴダイゴ「モンキーマジック」
「バークリー音楽大学卒業のミッキー吉野さんを中心に、それまで日本にはなかったビート感がきました」

●布施明「君は薔薇よりも美しい」
水野:(これらの曲が)全部同じ時代なので、びっくりしますよね。
藤田:すっげえ歌だ。のど! のど! 開いてる!
水野:紅白で目の前で見たことがありますけど、すごいですから。“和製R&B”です。

●山下達郎「LOVE SPACE」

「70年代の後半、達郎さんは、異質な存在だったのかもしれません。孤高の存在です。歌謡曲、フォークソング、ニューミュージックなどがきていて、時代が動いている時に、全然違うところでとんでもないサウンドを作っていました。すごすぎです!」

●沢田研二「勝手にしやがれ」
●ピンクレディー「渚のシンドバット」
●サザンオールスターズ 「勝手にシンドバット」

「サザンオールスターズ 『勝手にシンドバット』は、阿久さんの『勝手にしやがれ』と『渚のシンドバッド』を合わせたタイトルなんです。その発想が繋がっていくのが良いですよね。実は、阿久さん自身も、映画のパロディーをタイトルにしていたので、近いことをしていたんです。そのあたりがリンクしているところも楽しいですね。ただ、発売されて既に39年も経っているから、恐ろしいことですね…」

と、70年代にリリースされた名曲の話で盛り上がりました! 番組ではその他にも、大学生や専門学校生のリアルな音楽事情に迫る「SONAR TO THE NEXT」コーナーなどをお送りしました。

■今回のオンエア曲
Temples「Certainty」(ライブ音源 @FUJI ROCK FESTIVAL ’17)
chelmico「Highlight」
夜の本気ダンス「TAKE MY HAND」
雨のパレード「Shoes」
The Cheserasera「I Hate Love Song」
JYOCHO「碧い家」
GENERATIONS from EXILE TRIBE「Make You Mine」
LANY「The Breakup」
サザンオールスターズ「勝手にシンドバッド」
Cocco「樹海の糸」(ライブ音源 @FUJI ROCK FESTIVAL ’17)
Higher Brothers x Famous Dex「Made In China」
The fin.「Pale Blue」(ライブ音源 @FUJI ROCK FESTIVAL ’17)

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 23時30分−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。