体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BlackBerry KEYoneの便利キーをナビバーボタン化して操作しやすくする方法

BlackBerry KEYone のナビゲーションバーボタンは若干操作しづらいので、側面の「便利キー(Convenient キー)」をナビバーボタン化して KEYone を使いやすくする方法を紹介します。KEYone のナビバーボタンはタッチセンサー式で、ディスプレイと物理キーボードの間に配置されています。端末の端っこにあるわけではないのでミスタッチする場合が多く、なんとかしたいところです。ちょうど KEYone にはカスタマイズ可能な便利キーが搭載されており、通常はアプリや端末機能を呼び出すのに使用しますが、Google Play ストアの無料アプリ「Button Mapper」を使用すると、例えば、便利キーのクリックを「戻る」、ダブルクリックを「ホーム」、長押しを「アプリ履歴」に割り当てることができ、便利キーをナビバーボタン化できます。便利キーをナビバーボタン化すると、通常の便利キー機能は利用できなくなりますが、個人的に便利キーはあまり使用しないので問題だとは思いません。ただ、Button Mapper 上に便利キーはセットされていないので、「Custom Buttons」から独自ボタンを追加してやる必要があります。このセクションで「+」ボタンをタップし、便利キーを押すと「CONVENIENCE(284)」のキーが認識されるので、これにアクションリストからナビバーの機能を選択します。「Button Mapper」(Google Play)

■関連記事
BlackBerry KEYoneで画面上にソフトウェアキーボードを表示する方法
BlackBerry KEYoneのキーボードでカメラの操作が簡単に
BlackBerry KEYoneとPRIVの外装やキーボードデザインをじっくりと比較

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。