ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ブラッシングを歯ブラシが指導!?歯磨きのくせを改善する「Oclean One」がお目見え

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
歯磨きは、生活の中で最も面倒な習慣の1つ。しかし、近年はテクノロジーの進化によって、それもだいぶ楽になった。功労者は、2、3年前から登場したスマート歯ブラシ。今では楽しみながら細かくブラッシングできるツールが、数多く販売されている。

最近の注目株は、中国のスタートアップが開発した「Oclean One」。独自のインテリジェントアルゴリズムによって、ユーザーの歯磨きデータを分析。そのデータを元に、ブラッシングのくせを修正するというものだ。

・内蔵ジャイロスコープが歯磨きの動きを検知

「Oclean One」には、動き、角度、圧力を検出するジャイロスコープが内蔵されている。ブラシで歯を磨くと、その動作をデータとしてチップセットに送信。ブラッシング情報が分析され、結果を改善のヒントともに、専用アプリを介して、ユーザーへ通知してくれる。

本体にはまた、3つのモード(清掃、美白、マッサージ)と4つの強度設定があり、合計12種類の組み合わせができるようになっている。カスタマイズ可能なケアプランの数は、約数千。一人ひとりのニーズに合ったプランを、提供するという。

・近日Indiegogoで公開予定

デザインは、いたってシンプル。新素材を採用し、特殊な塗装プロセスを経ているため、つかみ心地も抜群だ。本体ボディ表面は、さまざまな国際化学検査に合格しており、抗菌で汚れにくくなっている。内部は防水構造。IPX7規格に達しているため、丸洗いもOK。保管用のケースもついているので、旅行にも便利だ。

今後の予定で決まっているのは、Indiegogoでの資金調達。一般販売は、クラウドファンディング後になるだろう。まずは、プロジェクトの成功を祈りたい。

Oclean One

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。