ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

トランジット12時間でも楽しめる!乗り継ぎの間に観光するペルーの首都リマ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

滞在12時間でも楽しめる!乗り継ぎの間に観光するペルーの首都リマ
ペルーの空の玄関口リマ。植民地時代の歴史ある旧市街や、優雅な新市街が織りなす独特の雰囲気が魅力です。今回は実際に筆者が体験した、トランジット12時間でも楽しめるリマの旅をご紹介しましょう。

滞在12時間でも楽しめる!乗り継ぎの間に観光するペルーの首都リマ
リマのホルヘ・チャベス国際空港。トランジットは12時間。空港内に荷物預かり所があるので、大きなスーツケースがあっても身軽に観光できますよ。

滞在12時間でも楽しめる!乗り継ぎの間に観光するペルーの首都リマ
エアポートタクシーに乗って、新市街のミラフローレス地区へ。新鮮な海の幸で評判の「Punta Sal」でランチ。

滞在12時間でも楽しめる!乗り継ぎの間に観光するペルーの首都リマ
まずは、よく冷えた白ワイン。ペルー名物でもあるジャイアントコーンはとても香ばしく塩加減が絶妙で、ワインがどんどん進みます。

滞在12時間でも楽しめる!乗り継ぎの間に観光するペルーの首都リマ
生のシーフードをレモンやワイン、香辛料でマリネした「セビーチェ」。素材がとても新鮮で、レモンの酸味が引き立っていて感動のおいしさ!

滞在12時間でも楽しめる!乗り継ぎの間に観光するペルーの首都リマ
シーフードパエリア。魚介の旨味がたっぷりとお米に染み込んでいて絶品!

滞在12時間でも楽しめる!乗り継ぎの間に観光するペルーの首都リマ
最高のランチをいただいた後は、ミラフローレス地区にある「ラルコマール・ショッピングセンター」でお買い物。カジュアル系から洗練されたブランドショップ、カフェやレストランなどのお店が集まります。

滞在12時間でも楽しめる!乗り継ぎの間に観光するペルーの首都リマ
ペルーが誇るアルパカ製品ブランド「KUNA」では、品質なアルパカの毛を使った、マフラー、ニットなどを販売。お土産探しにもピッタリ!

滞在12時間でも楽しめる!乗り継ぎの間に観光するペルーの首都リマ
ショッピングモール内にあるスーパー。ペルーならではの食材もあり、地元スーパーファンにはオススメの場所です。

滞在12時間でも楽しめる!乗り継ぎの間に観光するペルーの首都リマ
海岸の崖の上にあるカフェでひと休み。日本の反対側から太平洋を眺めているとどこか感慨深くなります。

滞在12時間でも楽しめる!乗り継ぎの間に観光するペルーの首都リマ
しばらくすると、空が美しい夕焼け色に・・・。リマのとっておきの思い出になりました。

滞在12時間でも楽しめる!乗り継ぎの間に観光するペルーの首都リマ
ラルコマールショッピングセンターから歩いて15分くらいの、ディアゴナル通り。お洒落なバーやレストランなどがひしめき、地元のお客さんで賑わいます。

滞在12時間でも楽しめる!乗り継ぎの間に観光するペルーの首都リマ
ディアゴナル通りで一番目立っていた「HAITI」。カフェからアルコール、食事まで揃います。独特な大人な雰囲気が漂い、リマらしい夜を楽しみたい時にオススメ。

滞在12時間でも楽しめる!乗り継ぎの間に観光するペルーの首都リマ
地元のお客さんで賑わっていた「República – Hamburguesas y Salchipapas」。

滞在12時間でも楽しめる!乗り継ぎの間に観光するペルーの首都リマ
豚肉のローストサンドウィッチ。自家製のパンに香ばしく焼かれた豚肉、さっぱりマリネされた玉ねぎとハーブをサンド。リーズナブルながらも記憶に残る絶品のサンドイッチでした。この後、タクシーに乗ってリマ空港に戻りました。

12時間ながらもグルメやショッピング、街歩きもたっぷり楽しめたリマの旅。マチュピチュやクスコへの移動でトランジットに余裕があったら、ぜひ空港から出てリマを観光してみてはいかがでしょうか?

[Photos by Nao]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。