ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

フラフープまでIoT化!「VHOOP」で脂肪燃焼

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

フラフープは現在、フィットネスの一手段として定着しつつある。

あの回転運動が、腰回りの筋肉を刺激するという。かつては「腸捻転を誘発する」と言われたフラフープだが、時代が変われば見方も変わるということか。

ともかくこの器具は現在、遊具からフィットネスツールとして転換しようとしている。それに加味し、現代テクノロジーのエッセンスを加えたフラフープも登場している。

・運動データを逐次算出

「VHOOP」は、スマートフォンと連動するIoTフラフープである。

フラフープをしながら回した回数をカウントするのはなかなか難しい。しかもこれは左右均等に回すべきものだが、体を動かすうちにどうしてもそのあたりが適当になってしまう。だがVHOOPなら、左右ごとのカウントはスマホに逐次記録される。

それと同時に消費カロリーや期間ごとの運動データも算出。計画的なフィットネスを実行することができる。

さらに、上達度に応じてウェイトの調整も可能。スマホを通じて他のユーザーと回数を競う機能も備わっている。

また、フラフープはその構造上どうしても収納しづらいものだが、VHOOPは細かく解体できる。収納に広い場所は必要ない。

・すでに満員の出資枠も

クラウドファンディングサイト「Kickstarter」での資金調達キャンペーンは、期限残り30日を残した段階で目標額に到達した。最も安価の65ドル(約7200円)枠はすでに埋まり、現在は69ドル(約7600円)からの出資を受け付けている。

出資者への配送は、今年12月から。お腹周りのダイエットにも良さそうだ。

Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。