体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ダークメルヘンチックな短編フリゲRPG『ふぉーぷりんせす』公開 ほか ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間のフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。今週の話題はRPGやノベル、アクション等さまざまな作品のリリースや体験版公開に関するものなど9本です。

フリゲRPG『ふぉーぷりんせす』公開
4princess-1 4princess-2 4princess-3

ねこまりえる氏は2日、RPG『ふぉーぷりんせす』をフリーゲームとして公開した。

1つの戦闘が舞台となり、戦いながら成長していく作品。プレイヤーの操作する3人の少女はそれぞれ属性の異なる魔法を使用し、攻撃すると属性に応じた「魔素」がスロットに溜まっていくというシステムが特徴となっている。

魔素は7個まで溜めることができ、魔素の数に応じて対応する属性の攻撃の威力が上がるほか、魔素を全消費して、溜めた属性と数に応じた奥義を発動することも可能。特定のスロットの魔素を自分の属性に変えることもできる。

スロットは敵味方で共有し敵も恩恵を受けるため、敵の属性の魔素を上書きしたり奥義でスロットをリセットしたりといった、魔素のコントロールが戦術要素となっている。ダークメルヘン的な世界観によるシナリオやアートワークも見どころ。プレイ内容により展開が変化するマルチエンディングとなっており、1周のプレイ時間は15~20分程度。なお、推奨年齢は15歳以上とされている。

AECRNIA、3D横スクロールアクションゲーム『ELMIA』体験版公開
elmia-demo-1 elmia-demo-2 elmia-demo-3 elmia-demo-4

AECRNIAは7月29日、3D横スクロールアクションゲーム『ELMIA』の体験版を公開した。

左右2つのアナログスティックなどで少女と妖精を別々に操作し、少女を妖精の位置へ瞬間移動させられるシステムが特徴の作品。妖精をフィールド上のオブジェクトに当てて仕掛けを作動させるといった要素もある。

『ELMIA』はコミックマーケット92(夏コミ)にて頒布予定で、体験版では1ステージをプレイ可能。PVも公開されている。

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。