ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

海難事故を防ぐ防水トランシーバー「SeaTalkie」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
海難事故を防ぐ。地方自治体にとって、これは毎年の至上命題である。

海や川、湖で多発する死亡事故。なぜこういうことが起こるかというと、「救助要請ができない」という点に尽きる。もしサーフィンボードとともに沖へ流されたら、ビーチのライフセーバーにそれを伝える手段がない。

だからこそ、以下に紹介するような製品が注目されている。

・500m先の仲間にSOS発信

クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場したのは、「SeaTalkie」という製品。

これは小型トランシーバーである。UHF440-480Mhzの周波数を使い、いざという時の通信を確保する。

電波が届く距離は、両者が同じ海上にいる場合は500~800m。一方が遮蔽物のない山頂にいる場合は最大5kmまでとなっている。

ボタンひとつで作動するシンプルさ故、それ以外の機能はじつはない。だが、最大の売りはタフさである。ボディーを開いて中身の電子系統を海中に沈めても、まるでビクともしない。水深3mでは3時間耐えられるという。

連続通話時間は最大90分、待機状態では1日半すなわち36時間電力が持続する。

・万が一に備える

このSeaTalkieをライフジャケットに備え付けていれば、万が一の時の命綱になる。無線機器の有無は生死を分けると言っても過言ではないだろう。

値段はKickstarterで420香港ドル(約6000円)から。出資者への配送は今年10月。残念ながら今年の北半球のサマーシーズンには間に合わないが、こうした機器は今後一層注目されるに違いない。

Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。