体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

息子のサッカーコーチはヤングオーラが眩しい19歳!赤ちゃんとのふれあいを勧めてみたら… by tomekko

こんにちは。tomekkoです。

暑い季節ですが、5歳の長男はサッカーを習っています。

おっとり長男的には楽しいんだかどうなんだかわかりませんが、できるだけチームスポーツを経験させておきたい、という夫の希望で続けています。

前回は特に赤ちゃん期に子どもを通して出会う新しい人々について書きましたが、今回はいよいよ子どもも大きくなってくると、習い事を通して「先生」という存在との付き合いが始まります。

これがまた、習い事によって年齢層もジャンルも幅広いのなんのって! 前回エピソード:子どもたちからもらったギフト。“箱入り”だった私が子育てを通して出会った素敵な人々♪ by tomekko

うちの場合はまだそんなにたくさんやっていないのですが、スポーツ系はやっぱり指導者も若いのでしょうか。。。

この春から就任したコーチが、なんと…19歳‼︎

前回書いた中でも最も接点の無い年代…

f:id:akasuguedi:20170718104814p:plain

ニキビ跡も初々しい若さ溢れる爽やかな笑顔におばちゃん、もうどんなテンションで接したら良いのかわかりません。。。

不思議ですよね。出会う場所が違ったら、18、9の男子なんて(しかも集団だったりすると)目を合わすのもちょっと怖い。。。とか思って避けちゃいそう。

なんなら言わないけど、うるさいなーとかクソガキーとか(あら失礼)思って横目でやり過ごしてるのかも。

f:id:akasuguedi:20170718104834p:plain

それが、先生と保護者という肩書を付けた途端、お互い気を遣い合って敬語でやり取りするわけですよ(苦笑)

うちのちびっこチームでは、サッカーの練習が終わると子ども同士でお菓子交換するのが習慣になっているんですが、なんとなく優しいお兄ちゃん的なオーラがそうさせるのか、誰からともなくコーチにもお菓子をあげるようになりました。

と言っても10円くらいの駄菓子です。

それなのに、それぞれの保護者の正面にピシィッと向き直って部活っぽい礼儀正しさでお礼を言われたりするので、これまた母たちも、誰からともなくお菓子を多めに忍ばせていくようになるという、親からも子どもたちからも愛され上手なコーチです。

ところでサッカーの間、ずっと誰かのボールに勝手にかじりついて遊んでいるうちの次男ですが、その肉体美(?)はどうやら10代男子さえも虜にするようで…?

f:id:akasuguedi:20170718104857p:plain f:id:akasuguedi:20170718104922p:plain f:id:akasuguedi:20170718104937p:plain
1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。