体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

扇風機をつけたまま寝ると“死ぬ”は本当?医師が教える4つのリスク

扇風機をつけたまま寝ると“死ぬ”は本当?医師が教える4つのリスク
皆さんも一度は、扇風機をつけっぱなしで寝ると「死ぬ」「危険」というような、噂を聞いたことがあるのではないでしょうか?

しかし実際のところ、扇風機の風を浴び続けると、体にどのような悪影響を及ぼすのか、きちんと説明できる人は少ないはずです。

今回は扇風機をつけっぱなしで寝るリスクと効果的な使用方法を、医師の松本先生に説明をしていただきました。

扇風機をつけっぱなしで寝ると「死ぬ」は本当?

扇風機
扇風機の風邪を直接浴び続けていると体温が奪われます。冷房でも直接風邪に当たり続けると同じなのですが、あまりに体温が下がると、自律神経の異常を来します。

自律神経は意識しない体の動き(心臓を動かす、消化をするなど)全てに関わっていますので、危険なのです。

しかし、扇風機の風だけで死亡に至るかどうかは、病理解剖がされていない場合がほとんどなので何とも言えません。

大人の場合、泥酔している場合に、扇風機をかけたまま死亡する件がありますが、アルコールの利尿作用による心筋梗塞や脳梗塞の誘発や不整脈の誘発作用もあるので、扇風機が第一原因かどうかはわかりません。

扇風機をつけっぱなしで寝ると懸念されるリスク

寝冷え

寝冷え

眠ると体全体の熱産生が減ります。血液の流れも変わり、皮膚への血液が増え、体全体としては冷えやすく体温が落ちます。

消化管への血液量が減り、 消化機能が低下し、下痢・腹痛・消化不良などが起きやすくなります。

冷たいものを食べたり飲んだりしたときにお腹が痛くなるのと同じです。

呼吸器疾患

風を浴びながら口を開けて寝ていた場合、喉がいつもより乾き、気道の免疫力が低下して風邪などを引きやすくなります。

低体温症

健康な人が普通に眠った場合、寒ければ目が覚めますので低体温症になることはないですが、健康でも泥酔している場合や、脳機能がかなり低下している、こうした正常の反応ができず、低体温症になる可能性があります。

その際は凍死と同じような状況にもなり得ます。

自律神経不全の症状

心臓、消化能力、呼吸機能力など体全体の機能が低下します。

睡眠中に扇風機を効果的に使用する方法

首振り機能

扇風機の首振り機能風に直接当たり続けないことが大切ですので、首振りにしてゆっくり周囲の空気を動かし、皮膚表面の同じ場所に風が当たり続けないようにしましょう。

タイマー機能

扇風機のタイマー機能特に寝ているときは体温の調節が難しくなります。自動的に切れるようにしておくのも有用でしょう。

冷房と同時使用

扇風機と冷房を同時使用冷房の冷たい空気が自分のいる場所に届くとは限りません。
1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会