ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

オービスを路上の監視カメラと見分けるポイント

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
オービスを路上の監視カメラと見分けるポイント

路上には「Nシステム」「Tシステム」「ETCカメラ」といった多様な監視カメラが設置されています。それらを必要以上に警戒してカメラを見つけるたびにブレーキを踏んでいては交通の流れを阻害し、かえって危険なこともあります。オービスを路上の監視カメラと見分けるポイントを把握しておきましょう。

オービスは警告看板があるのが通例

現在、移動式以外の主要なオービスは4種類。「レーダー式オービス」「Hシステム」「ループコイル式オービス」「LHシステム」です。仮にレーダー探知機を車載していても、新設されたばかりのループコイル式やLHシステムには反応しないケースもありえます。その時は、自らの知識が頼りになるでしょう。

ちなみに、オービスが設置されている道路には、手前に警告看板があるのが通例。管轄の警察本部(県)によって文言は異なりますが、「自動速度取締機設置路線」などという看板を走行中に見つけたら設置の目印です。

レーダー式オービスは、向かってくるクルマに「レーダー波」を発射し、その反射から車速を測定。違反車両は、その先の路肩や中央分離帯に設置されたカメラで撮影されます。老朽化のため、LHシステムなどへの置換が進行中です。

オービスは赤外線ストロボで撮影

Hシステムは正方形の白い“はんぺんアンテナ”が特徴。正式名称は「高速走行抑止システム」といいます。手前には警告用の電子掲示板が設置されており、速度超過車両に1度警告。それを無視した悪質な車両を取り締まる2段構えの仕組みです。

ループコイル式オービスは、アスファルト内にループコイル(静電容量センサー)を3.45m間隔で埋設し、インダクタンスの変化で車速を計測。違反車両はその先にある撮影ポイントで、赤外線ストロボとカメラで記録する仕組みです。

LHシステムは、“ループコイル(Loop Coil)式”の“Hシステム”が名前の由来。Nシステムなど路上カメラと特に紛らわしいオービスですが、赤色灯付きのボックスがあるかどうかで容易に見分けられます。また、撮影ユニット数が車線数を超えないのも特徴です。

関連記事リンク(外部サイト)

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!
覆面パトカーの見分け方はルーフ上にあるフタ

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。