ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ウェグナーが最後に選んだ椅子「ベアチェア」5台が集まる展示販売会

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
bearchair-DANSK MOBEL GALLERY_001 イメージ。実際の商品とは異なります。

2017年8月5日(土)から8月13日(日)までの1週間、東京・銀座の「DANSK MOBEL GALLERY」にて「ベアチェア展示販売会」が開催されます。

ベアチェア(PP19)はデンマークを代表する家具デザイナー・Hans J Wegner(ハンス・J・ウェグナー)が1951年にデザインしたラウンジチェア。

座る人を包みこむような背もたれと、テディベアが手を広げているかのようなアームが特徴で、その堂々としながらも愛らしい佇まいから「ベアチェア」の愛称がつけられました。

ウェグナーは最晩年に自身のための椅子としてダイニングチェア「PP701」と、このベアチェアを選んだそう。数百点にものぼる椅子を手がけてきたウェグナーですが、終の住処で使うのにふさわしい椅子だと感じたのがベアチェアだったということでしょう。

会場となるダンスクムーベルギャラリーはデンマークの名品インテリアを揃える高級ショップ。今回はベアチェアを5台同時に展示するという、これまでにない規模での販売会となります。

レザーの張り地が2台、ファブリック張りが3台展示される予定で価格は239万円(税抜)から。期間中、ベアチェアを購入すると、本体価格で同製品のフットスツールもセットでお求めいただけます。

異なるカラーや素材のベアチェアを同時に比較できる貴重なチャンス。ラグジュアリーなラウンジチェアをお探しの方はぜひ足を運んでみてください。

bearchair-DANSK MOBEL GALLERY_002 PPモブラーのアイナー(左)とウェグナー(右)。

ベアチェア展示販売会

会期:2017年8月5日(土)~8月13日(日) 12:00~19:00 ※火曜定休

会場:DANSK MOBEL GALLERY

アイテム:ベアチェア(PP19)

デザイナー:Hans J Wegner(ハンス・J・ウェグナー)

デザイン年:1951年

メーカー:PPモブラー

張り地:レザー(ワインレッド/ダークブラウン)、ファブリック

サイズ:W900mm × D950mm × H1010mm(SH420mm)

価格:239万円(税抜)

※期間中に購入すると、本体価格で同製品のフットスツールもセットでお求めいただけます。

トークショー

日時:2017年8月5日(土)17:00~

スピーカー:スカンジナビアンリビング東京支店代表 羽柴健

参加費:無料 ※事前申し込み制、定員になり次第締め切り

申し込み:d-info@republicstore-keizo.com

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

まるで両極!?「無印良品と明和電機をくらべた展」開催中
2つの限定品と3つの新作! アルテックからフィンランド独立100 周年アイテム発売
初のナイトマーケット!「生」な感覚で集められたマーケット「RAW TOKYO」開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。