ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Googleマップの創業者が開発!ユーザーの動きに合わせて音楽のビートが変化するアプリ「Weav Run」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Gooogleマップの共同創設者として知られるラース・ラスムッセン氏は、英ロンドンにスタートアップ企業「Weav」を設立し、“ひとつの楽曲をあらゆるテンポで楽しむ”という新たな音楽のかたちの創出に取り組んでいる。

・動きに合わせてビートが自動変化するフィットネス用音楽アプリ

「Weav Run」は「Weav」が開発したフィットネス用音楽アプリだ。

スマートフォンの加速度センサーから得たデータと「Weav」のアルゴリズムを組み合わせることで、ユーザーの動きに合わせて、音楽のビートがリアルタイムで自動変化するのが特徴。

ウォーキングやジョギングなど、様々なエクササイズを音楽のビートに沿って楽しみながらすすめることができる。

なお、「Weav Run」は、現時点では日本未対応。近々、日本のユーザーにもリリースされることが待ち望まれる。

・“ひとつの楽曲をあらゆるテンポで楽しむ”という新しい音楽のかたち

「Weav」の試みは、私たち一般ユーザーに新しい音楽の楽しみ方を提供するのみならず、アーティストをはじめとする製作者側にも、音楽の新たな表現手段をもたらすものとして注目されている。

「Weav」では、ユニバーサルミュージックグループやソニー・ミュージックエンタテインメント、ワーナー・ミュージック・グループといった大手レコード会社との提携も実現しており、今後、あらゆるテンポで楽しめる楽曲の製作を推進し、そのライブラリーの充実をはかっていく方針だ。

Weav Run

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。