ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

満月の日には出産が多くなる!? 33年ぶりのスーパームーンの日に生まれた娘

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
満月の日には出産が多くなる!? 33年ぶりのスーパームーンの日に生まれた娘 f:id:akasuguope04:20161025173142j:plain

「満月の日には出産が多くなる」という話を聞いたことがあるでしょうか?

私は5人目の子を妊娠38週目で出産しましたが、その日はちょうど満月でした。

それも33年ぶりのスーパームーンだと騒がれた、とても大きくてキレイな満月の日で、産院の窓から月を眺めていた方々の姿も多く見られました。

私が娘を出産するスーパームーンの前日までは、赤ちゃんが1人だけのガラガラだった新生児室でしたが、スーパームーン当日とその翌日にかけて産気づいた妊婦さんの来院が続いて、産院は出産ラッシュで忙しい雰囲気に変わりました。

そして、ガラガラだった新生児室は一気に赤ちゃんがいっぱいの新生児室になったのです。 関連記事:誰か来て、赤ちゃん出てきた! 満月で産院も満床、狭い手術台に寝かされ大ピンチ

満月の日に出産が多くなるというのは、昔から言われているそうで、看護師をしていた母も、満月だけではなく、新月の日にもお産は増えるし、事故などで病院に運ばれる方も増える傾向があるので、カレンダーに月齢のチェックをしていたと話していました。

妊婦さん全員が満月に出産するわけではないけれども、満月や新月に出産が増えるというのは、周産期の現場にいるお医者さんや助産師さん、看護師さん達が実感しているのではないかと思います。

気になったので、生まれた日の月の形がわかるウェブサイトで、子ども達のバースデームーンを調べてみると…

長女→新月に誕生

長男→満月に誕生

次女→新月に誕生

三女→上弦の月に誕生

四女→満月に誕生

なんと5人中、4人が満月・新月生まれということが分かりました。

周りの出産経験のある友人にも聞いてみたところ、満月ピッタリではないけど、その前後に出産したという方が多くいました。

また、私の実家の家族も調べてみたところ、家族6人の内、4人が満月の日に生まれていることが分かりました。 関連記事:自然に来る陣痛で出産できるのか!? 誘発分娩前夜、最後の頼みは満月パワー!

満月と出産の関係を調べる研究では、決定的な結果がでていないようですが、身近な人を調べただけでも、満月や新月の時期の出産が多いことが分かりました。

月の満ち欠けに潮の満ち引きが影響されるということは有名ですが、人間の体の80%は水分が占めると言われるので、海水と同じように、月の満ち欠けが影響することもあるかもしれないと思っています。

余談ですが、出身地の沖縄では、満月の日は人間の出産が増えるだけではなく、もう一つの出産ラッシュがあります。

それは、珊瑚(さんご)の産卵です。

珊瑚は石のように見えますが、動物に属する生き物で、産卵によって子孫を残します。

初めて産卵する珊瑚を見た時は、とても神秘的で、月が生き物に与える影響は強いのだなと感じたのを覚えています。

今では1歳になったスーパームーンの日に生まれた末娘は、お月さまを見ると指を指して笑顔で何やら話す姿が見られるようになりました。

子ども達は生まれるタイミングを自分で選んでくるというお話もありますので、もう少し娘が大きくなったら、満月の出産の日のことを覚えているか、聞いてみたいなと思っています。

f:id:akasuguope04:20161018171458j:plain

著者:Gojimama

年齢:40代

子どもの年齢:1歳~19歳の5人子ども

5人の子ども達から出される宿題にアップアップな毎日です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

キュウッと下腹部が締め付けられる。3週間も続いた“前駆陣痛”からの出産
出産後に起きたこと
予定日過ぎての死産

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。