体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

外務省の「国家一般職」ってどんな仕事?海外勤務もあるの?高校卒業後に入省した女性職員に聞く

「外務省の職員」というと、どんな人をイメージする?

 

「高学歴で、英語も堪能で…」というイメージをもっていたりするのでは?

 

逆に、そういう人でないと、外務省で働けないと思ってない?

 

今回は、「将来の夢はお菓子職人。勉強は嫌い!」という高校時代を過ごしながら、現在は外務省で一般職職員として活躍する藤井静(ふじい しづか)さんにお話をうかがった。

 

1.お菓子職人志望から公務員志望へと大きく進路変更

2.外務省入省1年目でインドネシア・バリ島への出張を経験

3.海外に行ったからこそ、見えた日本

4.語学研修で優秀な成績を修め、メキシコでスペイン語研修を受けることに!

5.さまざまなバックグラウンドをもつ人たちと一緒に働けるのが一番の魅力

 

お菓子職人志望から公務員志望へと大きく進路変更

 

外務省の「国家一般職」ってどんな仕事?高校卒業後に入省した女性職員に聞く

 

実は、高3の4月まではお菓子職人になりたかったのだそう!

  「お菓子作りが大好きで、バレンタインデーのときに初恋の人に手作りのチョコレートを贈ったら、すごく喜んでくれたんです。

 

それがきっかけになり、高校卒業後は製菓の専門学校で勉強して、お菓子職人になろうと決めました。ところが、親からは大反対されました。

 

高校が進学校だったので、なぜ大学に行かないのかと。

 

でも、私は大学で勉強したいことが特になかったので、大学進学には迷いがありました」

それが公務員志望へと大きく方向転換。 「兄と姉が公務員だったんです。そのため、公務員の仕事は身近に感じていました。

 

そんな時、実際にお菓子屋さんを経営している方にお話を聞く機会がありました。

 

その方が言うんです。『まず公務員になって、それでもお菓子職人の仕事を諦められないなら転職すればいいんじゃない? 公務員になってからお菓子の道への転職は頑張ればできるだろう。でも、公務員試験には年齢制限があるから、お菓子職人になってから公務員に転職するのはむずかしいと思う』と。

 

その言葉に納得し、公務員志望へと一気にスイッチが入りました」

 

外務省の「国家一般職」ってどんな仕事?高校卒業後に入省した女性職員に聞く

 

3年生の6月から、参考書や問題集を何十冊も買って3ヵ月間猛勉強し、国家公務員一般職試験(※)に合格。官庁訪問で興味をもった省庁が外務省だった。

  「人事課の方からお話をうかがって驚いたのは、一般職でも海外勤務があるということ。私に務まるのかなって不安でしたが、広く世界を見たいという思いがわいてきて、外務省入省を志望しました」

(※)国家公務員一般職試験

「大卒程度試験」と「高卒者試験」の2種類のほか、社会人対象の「社会人試験(係員級)」がある。それぞれ年齢、学歴などの受験資格が設けられている。

 

外務省入省1年目でインドネシア・バリ島への出張を経験

 

2013年4月、外務省へ入省。最初に配属されたのは経済局政策課の局庶務班。

  主な業務は、

●備品やパソコンの管理

●文書管理

●会計・予算管理

●出張する職員のサポート(飛行機や宿泊先の手配など)

1 2 3 4次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会