体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「想像と違った」という人が6割以上!? 大学生の学部選び失敗談!

オープンキャンパスが始まり、自分の進路について真剣に考え始めている高校3年生も多いのでは?

 

大学には、高校では聞いたことがないような学部が数多くあるからこそ、つい学部の名前からなんとなく授業内容や雰囲気をイメージしがちだけど、実態は想像とはかなり違った…なんてことが結構あるみたい!

 

実際、全国の大学に通う現役大学生185人に「今通っている学部は、入学前のイメージとギャップがありましたか?」とアンケート調査してみると、62.2%もの人が「はい」と回答!

 

そこで、入学後に「想像と違う!」と焦らないためにも、現役大学生がどんなギャップを感じたのかを詳しく聞いてみることに。

 

●【授業内容】

文学部は要注意!? 学部の名前だけで授業内容をイメージするのは危険!

 

●【カリキュラム】

サークルやバイトをする余裕なし!? 忙しさは学部によって違う!

 

●【課題の量&試験内容】

レポートや試験勉強が大変…。

 

【授業内容】文学部は要注意!? 学部の名前だけで授業内容をイメージするのは危険!

 

「想像と違った」という人が◯割も!?  大学生の学部選び失敗談!

  ・「将来は観光業界で働きたいと思い、英語での会話スキルを身につけたくて英語学科に入った。でも、授業の中心は英語を“書く”ことや国際関係を学ぶことで、英語でのコミュニケーション力が学べる学科ではなかった」(大3女子・茨城)

 

・「教員免許を取りたくて教育学部に入った。入試で必要だったのは国語と英語だけだったのに、必修授業に数学があって苦労した」(大2男子・茨城)

 

・「保育士になりたくて保育学部に入ったけど、資格を取るためには美術や法律の授業も取らなきゃいけなかった。特に法律の授業は難しくて大変…」(大2女子・東京)

 

最も多かったのは「勉強内容が想像と違った」という声。

 

学部の名前からイメージしていた授業内容と違ったという人や、資格のために予想外の科目が必要だったという人が多かった。

 

特に文学部は、ジャンルが幅広いだけに ・「文学じゃなくて歴史を学ぶ学部だった」(大1男子・長崎)

 

・「指定校推薦でフランス文学部に入った。フランスの書物や歴史の勉強がしたかったのに、意外と語学の授業のほうが多い」(大1女子・埼玉)

 

・「昔の文学作品を研究すると思っていたけど、実際は歴史や文化などを学ぶ学部だった」(大2男子・京都)

 

など、希望とは違う授業内容だったという意見が目立った。

 

文学部は“最もギャップを感じやすい学部”と言えるのかも!?

 

そのほか、 ・「中国語を学びたくて、文学部の中国文化学科に入った。でも、中国語の授業は1年生のときしかなくて4年間通っても語学力は身につかなかった…。

中国語を学ぶなら、中国文学部に行くべきだった」(大4女子・東京)

 

との声も。

 

「どんな内容を学ぶか」だけでなく「何年生でどんなことが学べるか」「4年間を通して何が身につくか」までをしっかり調べて学部選択をしておかないと、入学してからに後悔することになりそう…。

 

【カリキュラム】サークルやバイトをする余裕なし!? 忙しさは学部によって違う!

 

「想像と違った」という人が◯割も!? 大学生の学部選び失敗談!
1 2次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。