体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

森を育てるための住宅とは!? 注目の若手に聞く、建築家の魅力

まずはこの模型写真にご注目!

 

一見、遊園地みたいだけど、なんだか分かる?

 

実はこれ、住宅の建築模型なんだ。

 

「森を観察しながら育てるための展望台付き住宅」というコンセプトで、ちょうどいま、実際に計画されているのだそう。

 

こんな独創的で夢のある家造りに取り組んでいるのは、建築家の中川エリカさん(34歳)。

 

今注目の若手建築家のひとりだ。

 

建築家とはどんな仕事なのか、中川さんにお話を聞いてみた。

 

●【きっかけ】

 「おもしろそうかも?」と軽い気持ちで大学の建築学科を志望

 

●【仕事の内容】

 住む人の視点に立って、楽しく過ごせる家を考える

 

●【独立】

 自分の建築設計事務所を開業

 

●【仕事のやりがい】

 この仕事の醍醐味は探求していけること! いつも発見がある

 

 

【きっかけ】「おもしろそうかも?」と軽い気持ちで大学の建築学科を志望

 

中川さんが建築の道を志したのは高校2年の時。

 

建物がすごく好きで目指したのかと思いきや、消去法で考えた結果だという。

 

「数学が大好きだったので、大学の理系学科への進学を希望しました。

 

でも、医療職は血を見るのが苦手だから無理だろうし、研究室にこもって研究に没頭する仕事も向かないなと…。

 

そんな時、目に留まったのが建築学科。

 

私は工作も好きで、素材を組み合わせるうちに思いもよらないものができ上がるというのが楽しくて

 

『建築っておもしろいかも?』と、軽いノリで建築学科を志望しました」

 

 

横浜国立大学 工学部 建設学科 建築学コース(現・都市科学部 建築学科)へ入学。

 

ここで、「おもしろいかも?」が、「おもしろい!」と確信へと変わる 「例えば、家を一軒建てる場合、住む人がどんな暮らしをしたいのかはもちろん、家が建つ地域全体のことを考えるのが重要だと教わったのです。

 

家は街の風景を構成する要素でもあり、家など建築物は社会の中に残る文化でもあると知り、感銘を受けました

 

卒業後、「知識と感性に磨きをかけたい」と東京藝術大学大学院に進学し、建築設計を専攻。

 

【仕事の内容】住む人の視点に立って、楽しく過ごせる家を考える

 

大学院修了後、設計事務所のオンデザインに就職。 「大学の仲間には、大きなビルを手がける建設会社に就職した人も大勢います。

 

でも、私は人間の生活に密着した住宅を造りたくて、建築家個人の設計事務所に就職しました」

オンデザインに7年勤め、設計の実践的な技術や予算調整など多くのノウハウを身につけた

 

なかでも「大切なことを学べた」と中川さんが言うのはコミュニケーション能力

1 2 3次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。