体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

生徒も先生も大変! ハードすぎる部活動問題。キミはどう考える?

休みなしの過酷な練習は生徒にも先生にも大きな負担

 

『高校の運動部』というと、平日は授業が終わったあと毎日7時ぐらいまで練習して、土日も練習や試合があって休みなし!というハードなスケジュールをイメージする人も多いはず。

 

でも、冷静に考えるとこれって相当きつくない?なかには、「ついていけなくて辞めちゃった」「興味はあったけど勉強時間がなくなる!」という高校生もいるのでは?

 

つらいのは生徒だけではない。

 

高校の部活動は先生がボランティアで指導していることが多い。

 

お金にならない労働で週末にも休めないという状況が当たり前になってしまっているということ。

 

生徒も先生も大変! ハードすぎる部活動問題。キミはどう考える?

 

先生にとっても、生徒にとっても運動部は過酷ということだ。

 

これってちょっと問題では・・・?

 

「部活で疲れて授業に集中できない」などの問題が

 

生徒も先生も大変! ハードすぎる部活動問題。キミはどう考える?

 

最近では、この問題を取り上げる専門家や先生が増えてきているという。

 

名古屋大学大学院 教育発達科学研究科の内田良准教授もその一人。 「中学校を対象に調査したところ(※)、休養日を設けていない学校が2割、休養日が1日の学校が5割でした。

 

高校でもおそらく半数以上は休養日が1日以下でしょう。

 

文部科学省は20年も前に中学校は週2日、高校は週1日、休養日を作るよう指針を出していますが、守られていないのが実情です」

 

ハードすぎる部活の弊害は、すでに挙げた「気軽にスポーツを楽しみたいのにできない」「勉強時間がとれない」「顧問の先生が大変」という以外にも、「疲れて授業に集中できない」などいろいろある。

 

1回2時間、週3~4日の「ゆとり部活動」のススメ

 

「また、疲れがたまるとケガをしやすくなりますし、特に夏場の猛暑の中で厳しい練習は危険。

 

フラフラの状態で無理をして練習を続けることで、死亡事故など重大な事態に至るケースもあるのです」

 

高校生の本分はあくまで勉強。

 

決してメインではないはずの部活動でそこまで無理をするのは本末転倒ではないだろうか?

 

そこで、内田准教授が提案するのが「ゆとり部活動」。 「1回2時間、週3~4日程度の練習であれば、生徒も先生も大幅に負担が減らせます。

 

お金をかけずにスポーツを楽しむ機会を提供するという意味では部活動の意義は大きいですから、楽しめる範囲でやればいいんです。

 

参加する大会数なども年2回などに減らすべきです」

 

生徒も先生も大変! ハードすぎる部活動問題。キミはどう考える?

 

「それでは県大会や全国大会を目指せるアスリートは育たないのでは?」「自分は厳しい練習を耐えたからこそ人間的にも成長できた」といった反論が聞こえてきそう。

1 2次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。