体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これをやめるだけ!? モテる男子高校生になるための10のポイント

女子にモテるために努力してるのに、なぜだか全然モテない…

 

そんなふうに感じたことがある男子は多いのでは?

 

実は、男子がよかれと思ってやっている行動の中には、女子からすると「全然イケてない!」「むしろマイナス!!」なんてことがけっこうあるみたい。

 

そこで、『スイーツ女子図鑑』の筆者で、『チーズケーキ女子』『アップルティ男子』など、リアルな男女の生態を分析して描きわけているイラストレーターの大石蘭さんに、街の女子高生に聞いた「勘違いな男子の行動」の回答をふまえてお話をうかがった!

 

【ルックス編】“自意識高い系男子”は見抜かれる!?

 

これをやめるだけ!? モテる男子になるための18のポイント

※タップで拡大!

 

まず最初は「外見」から。

 

男子が思う「かっこいい」と女子が思う「かっこいい」には、大きな溝があるみたい! 「外見に気を使うことは大切ですが、ワックスのつけすぎで髪の毛がベタベタしていたり、常に前髪を触っていたりすると、清潔感がなくナルシストな印象に。

 

それならまだ、寝癖がついているくらいの方が『かわいげがあるな』と許せる女子は多いと思いますね。

 

制服の着こなしについては、シャツがズボンから出ていたり、ズボンが下がり気味だったりすると、男子的には『キッチリ着るよりイケてる!』と思うかもしれませんが、女子は『だらしない』『チャラい』と感じてしまいます

 

また、男子にとっては無意識の行動だったとしても、鏡や窓に映る自分をチラチラチェックしたり、鳴ってもいないスマホを何度もチェックしたりしていると、「自意識過剰な人…」と引かれてしまうことも。

  「女子は、自分のことをかっこいいと思っている“自意識高い系男子”を見抜くのがとても得意です。

 

髪型もそうですが、常にかっこいい状態をキープしていることよりも、大口を開けて笑ったり、変顔ができたりと、自然体で接してくれる男子の方が、女子からの好感度は高いんですよね」

 

【男らしさ編】後輩に強気な態度は逆効果!強い者に挑んでこそ男!

 

これをやめるだけ!? モテる男子になるための18のポイント

 

男らしさは、女子が求めるモテ要素の1つ。

 

でも、間違ったアピールをすると好感度を下げてしまうことも…! 「女子を“女の子扱い”してくれたり、みんなの意見を代表して先輩や先生に勇気をもって反論してくれたりするのは、好印象な男らしさだと思います。

 

ただ、飲食店などで“ビビってないぞ!感”をアピールしようとして店員さんに強い口調で接したり、女子が見ている前でわざと後輩をパシリに使って権力をアピールしたりするのは逆効果。

 

『相手によって態度を変えるんだ』『自分より弱い相手にだけ強気なんだ』とマイナスな印象に…。

 

お母さんに強い口調で接するのも同様です。

 

逆に、いつもはツンツンしている男子が、後輩や店員さんにやさしくてていねいに接している場面を目撃すると、キュンとする女子は多いと思いますよ」

 

また、男同士でわざと女子に聞こえるように下ネタを話して「経験豊富なイケてる集団アピール」をしたり、「忙しい男アピール」をするのも逆効果

  「下ネタで盛り上がっていたとしても、忙しさをアピールされたとしても、女子からすると『だからなに!?』としか思わないし、幼稚に見えますよね。

 

もし、バイトを頑張ったことをホメて欲しいなら、ストレートに『自慢してもいい? オレ、バイトこんなに頑張ったんだよ!』と言われたほうが、素直に『すごいね』と言えたり、『そんなの全然普通だから!』とつっこめたりして、会話が盛り上がると思います」

1 2次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会