ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

音楽療法の基礎知識|認知症への効果、進め方、体験談まとめ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
v

音楽療法は、認知症のリハビリテーションとして多くの介護現場で活用されています。昨今はテレビや新聞等のメディアで取り上げられることも増え、日本での認知度も高まってきました。

しかし、まだ音楽療法とはどんなものなのか、漠然としている方も多いのではないでしょうか。私は、音楽療法士として介護施設で働く中で、音楽療法の可能性を日々感じています。今回は、音楽療法の定義や、どんな人に有効なのか、具体的に何をするのか、認知症への効果など、経験を踏まえて解説します。

音楽療法って何?

日本音楽療法学会は、音楽療法について以下のように定義しています。

音楽の持つ、生理的、心理的、社会的働きを用いて、心身の障害の回復、機能の維持改善、生活の質の向上、行動の変容に向けて、音楽を意図的、計画的に使用すること
※日本音楽療法学会 公式サイト(http://www.jmta.jp/)より

米国では、「認定されたカリキュラムを修了した認定された音楽療法士による臨床的かつエビデンスに基づいた治療関係の中で、個人の目的を達成するために音楽を使用すること」と定義されています。

音楽療法は、スクールのように音楽を学ぶことが目的ではありません。また、レクリエーションのように楽しむことが目的でもありません。音楽療法の目指すところは、音楽をきっかけに対象者が抱えている困った問題の解消を促したり、よりよい生活を送れるようにサポートすることです。

音楽療法の対象

音楽療法を受ける対象者は、高齢者だけではありません。赤ちゃんから高齢者まで様々な年代の方が対象になります。例えば、次のような方です。
発達に何らかの障害を持っている方
精神、心理的に問題を抱えている方
癌や神経難病など痛みを伴う進行性の病気を持っている方
認知症を患う高齢者
不登校、引きこもりの児童や生徒

対象となる方が持つ障害や置かれている状況はさまざまです。「この方にはどんなアプローチが効果的なんだろう?」「どんな音楽療法が、その方のニーズに結びつくのか」という点を、日々悩みながら考えながら取り組んでいます。

音楽療法の歴史

音楽療法の歴史は古く、18世紀から主に欧米を中心に発展してきました。特にアメリカで音楽療法が発展したのは、第一次世界大戦と第二次世界大戦の頃。戦争によって軍人が受けた身体的な障害やトラウマをやわらげるのに音楽療法の効果が注目されました。

日本では、1995年にバイオミュージック学会と臨床音楽療法協会が合体し、全日本音楽療法連盟が設立されています。その後、全日本音楽療法連盟が発展し、2001年に日本音楽療法学会となりました。現在、日本音楽療法学会は約5500名の会員が所属しています。(日本音楽療法学会より)そして、日本音楽療法学会認定音楽療法士は、3053名となっています。(2017年3月11日)

具体的に何をするの?

音や音楽を活用し、音楽療法士と対象となる方の間で音楽活動が行われます。それぞれの目的や目標、一緒に受ける人数によって活動内容は異なり、対象者にあった方法が用いられます。

歌をうたう、楽器を演奏する、音楽を鑑賞する、歌詞のある歌を歌う、患者さんの呼吸に合わせてハミングのように歌う、即興演奏をする、洗濯板やお鍋などの日用品を楽器のように使う、曲をつくる、懐かしい歌謡曲、クラシック、ポップス、フォーク、唱歌、童謡など

先日の世界大会では、「即興演奏こそが音楽療法の本質だ」といった内容の講演もありました。「この曲だから、こんな効果がある」と決まっているわけではありません。その方の感情、気分、状態に合わせて使用される音や音楽は違うのです。そして、既成の曲を演奏すること、聞くことが大切なのではないのです。

目的を達成するために音楽を活用するので、音楽療法の効果は、音楽療法士と対象となる方の間で音や音楽を媒体としたやりとりが形成され、はじめて発揮されます。

音楽療法が認知症の方にとってなぜ効果的なのか?

誰しも、音楽を聴いて安心したり、感動したり、癒されたりした経験があると思います。ここではもう少し掘り下げて、なぜ認知症の方に音楽療法が効果的なのかお話します。

無意識に感じているリズム

音楽は、リズム・メロディー・ハーモニーの3つの要素から成り立っています。そのうちの一つであるリズムですが、人間の体に深く関わっているのです!それは、心拍や脈拍です。音楽で交感神経が刺激されると、心拍数があがるため、演奏の速度も速くなります。つまり、身体に伝わるリズムは無意識に表現に現れるのです。
心臓

認知症で認知機能が低下していても、音楽を通して自分の体の拍子を無意識に感じ取り、太鼓をたたいたり、楽器を鳴らすことができます。民謡や歌謡曲などを一緒に演奏することで、安心できる音楽、なじみのある音楽に結びつき、自分の発した音やリズムが一体感を生み出します。その経験を共有することが、音楽療法の効果に結びつくのです。

昔の記憶(長期記憶)に働きかける

認知症を持つと、少し前にご飯を食べたことやトイレに行ったことなど、ちょっと前のことを忘れてしまうことがあります。それに対して、昔の記憶は超記憶として残っています。ちょっと前の記憶を短期記憶と呼び、昔の記憶を長期記憶と呼ぶことは、皆さま、耳にしたことがあるかもしれません。
種別
短期記憶
長期記憶
症状
短期記憶
長期記憶
特徴
記憶が残りにくい
記憶が残っている

昔の記憶を引っ張り出すために、音楽を活用することがあります。楽しかったこと、ときには辛かったことも思い出してしまいますが、昔のことを話すきっかけになります。認知症の方は、病気になったことで自分自身ができないことの多い人間だと思ったり、今の状況がわからなく混乱していることが多いです。

しかし、昔のことを思い出すことで自分を取り戻すことができます。楽しい思い出はもちろん、辛い思い出を思い出してしまっても、一緒に悲しみ、一緒に向き合い、共有してくれる人がいれば効果的な役割を生むことがあるのです。懐かしい曲を演奏すること、聞くことは心の安定につながります。

音楽療法の進め方

音楽療法の具体的な進め方は次のとおりです。
1. 対象者情報収集、今の状態を知る(アセスメント)
対象の高齢者の認知症の進行具合、どんな症状があるのか、身体の状況、困っていることは何か、等の状況を細かく観察し、介護職員からの情報を得たりすることで、対象者の状況を把握します。
2. 目標設定
対象者の現状や集めた情報を総合的に判断し、音楽療法を通して何を実現させるか、どんな症状を改善したいかといった目標を設定します。目標達成のための手段や手順も考えます。

3. 音楽療法の実施
情報収集や目標設定などの事前準備ができたら、実際に音楽療法を対象の高齢者に行います。音楽療法では、現場で対象者と行う音楽療法活動をセッションと呼びます。設定した目標のもと、音楽療法士はセッションを円滑に進めつつ、個人・集団に関わらず高齢者一人ひとりをしっかり観察します。また、セッションの様子はビデオなどで記録したり、筆記で残したりします。

4. 振り返り
セッションを通して高齢者一人ひとりの目標設定や与えた課題が適切であったかを振り返ります。各セッションでの反省をどう改善していくかを念頭に今後の取り組みを考え、次のセッションへの準備に取りかかります。

音楽療法の認知症への効果

音楽は「記憶の扉を開けるカギ」とも言われており、懐かしい曲を聞くと記憶力が改善された事例も報告されています。他にも、音楽療法を通して得られる効果はさまざまなものがあります。認知症の場合は、次のような症状の改善が見込まれます。
睡眠障害の緩和
自発性や協調性のめばえ
暴言や暴力行為の減少
不安や無気力等、うつ症状の緩和
興奮状態の緩和
行為の減少

国立長寿医療研究センターの研究では、軽度認知障害(MCI)の人にに週1回の音楽療法を約10回繰り返し行ったところ、記憶力や注意力の改善が見られたという結果もあります。音楽では、リラックス効果だけでなく、回想法と同様に脳を活性化させる効果も期待できます。

実際、私が行う音楽療法の現場では、認知症の方に対しての音楽療法では、ご自身の気持ちを表出することで帰宅願望や不安定な気持ちが落ち着いた方、音楽がきっかけで具体的な回想をされる方、「わからない」という不安の軽減につながった方などの音楽療法で引き起こされる変化が多くみられています。その変化こそが、効果につながっていると考えられるでしょう。

音楽療法における課題

現在の日本では、音楽療法はまだまだ発展途上です。音楽療法をもっと世の中に広めていくには、どうしたら良いのでしょうか。現状では、複数の課題が挙げられます。

音楽療法士が専門職として確立されていない

音楽療法士の資格は、国家資格ではなく、さまざまな団体や自治体が民間資格として打ち出しています。それゆえ音楽療法士の資格のみで就職するのは厳しく、非常勤での雇用が常勤より多いのが現状です。
音楽療法士の資格を1つにし、一定の質を保つ事ができて初めて、音楽療法市が専門職として確立されたということができるでしょう。専門職として確立されれば、音楽療法士の職場環境も整い、良い音楽療法の提供につながるのではないでしょうか。

音楽療法士の質にばらつきがある

音楽療法士の質を一定にし、保つことは、音楽療法の効果を社会的に理解していただき、必要性を確立するためにとても重要な事です。また、医療の中に取り入れるためにも重要です。音楽療法士の質の高さは、音楽療法の質の高さに直結します。決まった方法が確立していないからこそ、対象者となる方の目的のため、様々なアプローチ、知識が必要になります。そのためにも音楽療法士は、日々、研鑽を重ね、良い効果を生む実践のための努力が必要です。

音楽療法が“保険適応外”であること

現在、音楽療法では保険が適応されません。そのため、音楽療法を導入している病院では、自由診療として捉えていたり、サービスの一環として捉えているのが現状です。介護施設等の配置基準として音楽療法は必須ではないため、音楽療法士を雇用している施設が少ないという現状が起きているのです。音楽療法の今後の発展のためには、〝保険適応〟対象となり、直接的な施設経営に結びつくことが必要不可欠だと考えます。

音楽療法士としてやりがいを感じるとき

私が音楽療法士として介護施設で働く中で、やりがいを感じるのは、施設に入居されている方や通所サービスを利用されている方、ご家族の方、施設スタッフが音楽療法を認めて下さったと感じる経験をしたときです。
利用者から「ありがとう。この時間が楽しみ。」と声をかけてもらう時
セッション中あまり反応がない認知症の方が「この時間は楽しいから、大丈夫」と言ってもらえた時
ご家族の方から「楽しい思い出をありがとうございました。」と言ってもらえた時
施設スタッフから「Aさんを支え続けた音楽療法士だったね」と言ってもらえた時

先日、あるご入居者様とお別れする事がありました。認知症を患っているその方は、ご自身の存在価値を見いだそうと苦しんでいました。自身の気持ちを相手に伝えたいけれど認知症のため、うまく自分の感情を伝えることができなかったり。〝自分が必要とされている〟と感じられないことが、その方の不安感を強めていたように感じます。

抑圧されている感情を表出する事を目的に取り組んだ音楽療法では、徐々にご自身の気持ちを表す場になり、気持ちを吐き出すことで不安な気持ちが落ち着き、帰宅願望や怒りの表出が減少するといった結果につながりました。〝その方の本質〟を表出する場を設けることがとても重要だと再確認する事ができました。その時の体験は、私の音楽療法に向かう糧になっています。

音楽療法士になるためには

現在、音楽療法士の資格は民間資格のため、複数の資格が存在します。そのため、音楽療法士の教育も様々です。最もカリキュラムをきちんと確立しているのは、日本音楽療法学会だと思います。日本音楽療法学会では、音楽療法士の質を保つため、5年ごとの更新を実施しています。

日本音楽療法学会で音楽療法士になるには、認定音楽療法士(補)と認定音楽療法士の2つの試験を受けなくてはなりません。そして、その試験を受ける方法は次の2つがあります。
音楽療法学会の認定を受けた学校で必要な単位を取得する
日本音楽療法学会の開催する認定音楽療法士のためのコースを受講する

2番めのコースを受講するためには、臨床経験などの条件を充たし、さらに、実技や理論などの音楽の試験に合格する必要があります。

3年に1度開催の世界音楽療法大会に参加して

 先日、7月5日~8日の4日間にわたり、つくば市で世界音楽療法大会が開催されました。世界47カ国からおよそ700名が集まり、日本からは1700名程度が参加しています。当日参加も合わせると2800名ほどが集まる大会となりました。音楽療法士はもちろんですが、音楽療法を学んでいる学生、これから学ぶ一般の方、医師や薬剤師、大学の研究者など様々なバックグラウンドを持っている方が集まっていました。

 3年ごとに開催される世界音楽療法大会ですが、次は3年後に南アフリカのツワネで開催されることになったそうです。欧米、アジア、そしてアフリカ大陸と様々な地域に音楽療法が広まっているのを感じます。

音楽療法はどこで受けられるのか

音楽療法を受けられる場所は、音楽療法士のいる介護施設や病院、また、音楽療法士が時折、訪問する施設や病院で受けることができます。最近では、音楽療法士を派遣する会社もあります。日本国内の都道府県には、少ない人数ですが音楽療法士がいます。

お近くの地域包括センターや市区町村の窓口、インターネット等で調べてみるのが良いでしょう。

音楽療法の料金の目安

音楽療法の料金は、介護施設や病院といった場所やどの種類で音楽療法を受けるかによって異なります。

病院や音楽療法士の派遣会社等では、自由診療として1回3000円~5000円で利用することもできますし、病院や施設によっては音楽療法を受けることに特別な金額が発生しないこともあります。私の勤務する施設では、音楽療法を受けられる方に対して別途、請求をする事はなく、提供しています。

また、自由診療の項目として「音楽療法の1回あたりの金額」を明示している介護施設や病院もあります。施設や病院ごとに費用は異なります。個人で利用するのか、集団で利用するのか、希望するメニューの内容等で細かく料金設定がされていることもあります。事前にホームページで調べてみたり、直接施設に問い合わせてみたりすることをおすすめします。

まとめ

音楽療法を通して、私はその方自身の本来の姿を見ているような気がします。ご家族の方にとっては、「そういえば、お父さんは音楽が好きだったんだ」「よくこの歌を歌っていた」という思い出から、コミュニケーションのきっかけになることもあります。

また、「おばあちゃんがこんなことをできるなんて」とご家族には見せていない姿を見られて驚かれる方もいます。「認知症だから」と思っていても、音楽という手段をひとつ介入させるだけで、ご本人も家族も新たな発見ができ、その発見や感じたことが安心や自信につながるのです。

認知症を持つことで今までの自分とは違う不安や悲しさを感じる方は多いでしょう。しかし、音楽療法を通じて、なつかしい記憶を思い出すことは、脳への刺激となり、“自分らしさ”を取り戻す体験につながります。音楽できないこと、分からないことが多い中でも、“できる”、“わかる”という安心できる体験になるのです。音楽療法がもっと日本に普及し、浸透することを祈っています。

この記事を書いた人

小森亜希子

大学、大学院と音楽療法について学んだ後、認知症対応型グループホームに勤務。認知症の方とのコミュニケーションの取り方や終末期について多くのことを学び、音楽が様々な記憶と結びついていること、気持ちを落ち着かせるために有効であることを実感。認知症介護実践者研修、認知症介護実践者リーダー研修を終了。現在、介護老人保健施設で介護業務に携わりながら、音楽療法の効果をケアに結びつける具体的な手段を模索中。同居しているアルツハイマー型認知症の祖母(96歳)と出かけることが日課。【保有資格】日本音楽療法学会認定音楽療法士、介護福祉士

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
認知症ONLINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。