ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Harmony Hubの値段の3分の1!古い家電をAlexa対応に変えるスマートリモコン「SmartMote」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

日本ではまだ馴染みがないかもしれないが、Amazon EchoやGoogle Homeといったスマートスピーカーを利用している人であれば「テレビの操作できないかな?」と考えるはずだ。一般的に、スマートスピーカーを通して通常のテレビを操作するには、なかなかの値段のするハブデバイスと連携させる必要がある。

・古い家電をスマートに!


今回紹介する「SmartMote」は、家電をAlexaに対応させるためのスマートリモコンだ。本体から赤外線を発するため、リモコンなどの赤外線対応の家電であれば、WiFiと繋げたこのデバイスと、その先に繋がるAmazon Echoや専用アプリを通して一括管理することができる

例えば、通常のオーディオスピーカーやテレビ、エアコンまでも、Amazon Echoの音声コマンドで操作できてしまう。つまり、このデバイスがリモコン兼ハブとなってくれるのだ。

・しかもたったの30ドル


さらに驚くのがその値段だ。今Kickstarterのキャンペーンでは、似た機能を持つLogitech Hormony Hubの約3分の1の値段となる30ドル(約3290円)で販売している。

市販のハブデバイスは値段も高いし、なかなか手を出しづらいもの。SmartMoteは、まさにそんな悩みを気軽に取り除いてくれるデバイスなのだ。

その値段のインパクトもあり、SmartMoteは既に資金調達を完了しており、2017年8月26日まで引き続きキャンペーンを実施している。今後のスマートスピーカーの増加に合わせて、こうした格安のスマートリモコンがもう少し増えてくれることを切に願いたいものだ。

執筆:Doga

SmartMote/Kickstarte

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。