体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本人の働き方が変わる!?キッズウィークとは?【TABIZINE with Kids】

子連れ旅行やお出かけ、家族や子どもにまつわる世界の話題を特集する夏休み特別企画【TABIZINE with Kids】。

政府の主導によって、「夢のような」連休が新たに作られようとしています。ずばり、キッズウィークですね。先の7月18日にキッズウィークの総合推進会議が官邸の4回大会議室で行われ、議論が深まりつつある議題です。

日本人の働き方と家族の過ごし方を変える!?キッズウィークとは
そこで今回はTABIZINEで親子の旅行を考える特集の一環として、新たに導入されるかもしれないキッズウィークについて紹介したいと思います。

<「親はそう都合良く休みは変えられない」

「大人が休める状況、また、保育が問題ない状態にしてからの導入じゃないと対応できない家庭が多くある」

「休みが増えれば非正規は収入減に直結する」>

(いずれもみずほ総合研究所のプレスリリースより引用)

などと、批判的な声も少なくないようですが、一方で家族のんびりと過ごす時間を持てるかもしれない、画期的な試みとも言えます。お子さんをお持ちの方はぜひともチェックしてみてくださいね。

 

キッズウィークは夏休みの分散と大人の有給取得が鍵

日本人の働き方と家族の過ごし方を変える!?キッズウィークとは
キッズウィークという言葉、あらためてどのような試みなのかをまとめてみましょう。

子どもの長すぎる学校の夏休みの一部を他の時期に分散し、その新たに生まれた学校の休日に、親も有給休暇を取得して家族で旅行に出かけられるようにするといった試みですね。

同じ連休でも、ゴールデンウィーク、シルバーウィークはどこに行っても人だらけ・・・。家族でのんびりするというよりも、家族で疲れて帰ってくるといった側面も少なくありません。

しかしキッズウィークは別物です。分散された学校の休日に親が本当に有給休暇を取れるかどうかが最大の鍵になってきますが、仮に有給休暇を取れたとすれば、日本国民の大半が休みに突入するお盆やゴールデンウィークなどと違って、ゆったりと人気の行楽地で過ごせるようになります。

渋滞も発生せず、無駄に宿泊費も高くなりません。気軽にのんびりと家族旅行を楽しめる、夢のような時間を過ごせるようになるかもしれないのですね。

 

日本人の有給休暇消化率は世界最低レベル・・・

日本人の働き方と家族の過ごし方を変える!?キッズウィークとは
ただ、現状でどの程度の人々が、有給休暇を取得できているのでしょうか。厚生労働省の資料「平成28年就労条件総合調査の概況」の第5表には、労働者1人あたりの平均年次有給休暇の取得状況という項目があります。

その数字を見ると、男性の有給休暇取得率は45.8%。女性は54.1%とあります。半数近くの人が有給休暇を消化できていない状況が明らかになっています・・・。政府としては、まさにこの数字を上げる意味も込めて、キッズウィークをスタートさせるみたいですね。

今後政府は企業や経済団体に強く働きかけ、有給休暇の取得率を今より20%アップさせ、70%までに引き上げるように求めていくのだとか。

「そんなの無理・・・」

という声も聞こえてきそうですが、世界の有給休暇の消化率を比較したエクスペディア・ジャパンの2016年発表の調査によると、日本の50%は世界でもかなり低い方だと分かります。放置していていい問題ではなさそうですよね。

日本と韓国が世界の平均をぐっと下げている側で、ブラジル、フランス、スペイン、オーストリア、香港は100%の取得率、アメリカは80%となっています。

「家族との時間を大幅に犠牲にしてまで、何のために日本人は働くの?」と、筆者は旅先で何度も聞かれた経験があります。

もちろん日本に暮らす外国人にも、繰り返し聞かれてきました。独身のころは鼻で笑っていた問いでしたが、家族を持った今では心に突き刺さる言葉です・・・。

「仕方がないじゃない。有給なんて現実的に無理なんだから・・・」

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会